2013年05月17日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWS病院経営支援サービス「病院ダッシュボード」がチーム医療関連の算定機能を拡充

機能拡張により、自病院の「チーム医療」関連の管理料や指導料項目の分析、見込み値の予測などが可能になった。

[TechTargetジャパン]

 グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(以下、GHC)は5月15日、病院経営支援サービスの新バージョン「病院ダッシュボードVer1.10.0」(以下、病院ダッシュボード)を発表した。チーム医療関連の各種管理料や指導料項目など算定機能を拡張した。

 病院ダッシュボードは院内にあるさまざまなデータを収集し、病院の経営状況や他病院との比較などを自動分析して可視化するWebサービス(関連記事:DPC時代の急性期病院の経営改善を支援する「病院ダッシュボード」)。

 新バージョンでは、病院の全体収支や各種収支の内訳を分析する「自病院分析」機能のオプションとして「チーム医療plus」を追加。チーム医療plusでは、薬剤管理指導料や栄養管理指導料などに関する「診療報酬の算定症例数」「算定金額」「算定率」「算定可能症例数」「算定可能金額」などを任意の期間で確認できる。

photo 俯瞰マップ(加算項目)画面(画像の二次利用禁止、以下同)

 また、自病院のシミュレーション値として「算定可能症例全てを算定した場合の金額」「ベンチマークデータの中で最も算定率の高かった病院と同じ算定率だった場合の金額」を表示可能になった。

photo 自病院月別算定率推移画面

 さらに、チーム医療plusでは、薬剤関連や栄養関連、リハビリ関連、看護関連(悪性腫瘍・診療支援・退院支援)などの26項目を提示し、チーム医療推進を支援する。各項目の状態を赤、黄、青で示すシグナル一覧表示を採用し、自院の課題を迅速に確認できるという。

photo シグナル表示画面

 病院ダッシュボードの年間利用金額は、導入費用込みで90万円(税別、以下同)。バージョンアップによる機能追加による費用は発生しない。オプション機能の年間利用料金は45万円。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。