2013年06月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

もう迷わない仮想化ソフトの定番違いはMac対応だけじゃない、VMware FusionとWorkstationを比較する

クライアント端末でOSを仮想化するソフトウェアとして、しばしば混同されるVMware WorkstationとVMware Fusion。両者の共通点と違いを整理する。

[Meredith Courtemanche,TechTarget]

 VMware WorkstationとVMware Fusionは、重要な特徴の多くが共通している。しかし、両者を比べると違いは明らかだ。

 どちらのツールも、エンドユーザーによる仮想化(ホスト型仮想化)をサポートしている。また、テストおよび開発(そしてときには本番でも)インフラの運用を支援する役割を果たす。FusionとWorkstationの最新バージョンはいずれも、64ビット仮想マシン(VM)に対応している。

 FusionはWindowsおよびプログラムを仮想化し、これらをMacコンピュータで使えるようにする。Workstationは各種OSを仮想化し、PC上でクラウドやビッグデータアプリケーションを実行できるようにする。「Fusionは、実はWorkstationのコードの多くを継承しており、同じ基礎から土台が作られている」。米VMwareのクラウドマーケティング担当プロダクトマーケティングマネジャー、マイケル・ロイ氏は、ユーザーが、どちらのツールが自分に適しているか迷うことがある一因をそう指摘している。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。