2013年08月27日 10時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!複雑化するバックアップ/リカバリ環境の特効薬

物理/仮想化環境が混在するシステムが増えたことで、バックアップ/リカバリ環境では処理性能や運用管理の手間などの課題が浮かび上がっている。そうした課題を解決する最新ソリューションを一挙に紹介する。

[ITmedia]

処理性能や管理面に不満が

TechTargetジャパンは2013年6月〜7月、バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


バックアップ/リカバリ環境における3つの課題

課題1:バックアップ処理に時間がかかる

課題2:物理/仮想環境で個別に管理しなければならない

課題3:リストア処理に時間がかかる


バックアップ/リカバリの課題を一気に解消!

間違ったバックアップ運用が企業システムの破綻を招く

現在、企業のバックアップ/リカバリ環境の多くが、データ量の急激な増加や仮想化環境への対応などに追い付かずリスクを抱えながら稼働している。その解決策として注目を集めている製品を紹介する。


バックアップ/リストア処理の遅さに限界を感じたら

仮想化環境のバックアップ“超”高速化はこうして実現する

仮想化技術の普及により、多くの企業が柔軟なシステム運用を目指している。しかし、従来型のバックアップ/リストアでは仮想化環境の運用を最適化できずにさまざまな課題を抱えている。


「リアルタイムパブリッシャーズ」社の解説書

データプロテクションの「5つの課題」とベストソリューション

企業の重要な資産を確実に守るためのデータプロテクションはクラウドコンピューティングやモバイルデバイスの利用増加などにより近年さらに複雑な課題を抱えている。これらの課題に対処するための統合プラットフォームソリューションの役割と重要性について解説する。


主要ベンダー14製品を項目別に比較

14製品を徹底比較 自社にマッチする仮想バックアップ製品はどれだ?

高度な機能を持つ仮想環境のバックアップ製品は多数リリースされている。では自社の環境にマッチする製品は果たしてどれなのか? 13ベンダー14製品を徹底比較した本ホワイトペーパーで、じっくり比較検討してみてはいかがだろう。


仮想マシンのバックアップ/レプリケーション

VMware、Hyper-Vに対応する「Veeam Backup & Replication」

仮想環境の負荷増加に伴いさまざまな問題が浮上するが、VMware、Hyper-Vに対応する運用コスト削減、高速なリカバリが可能なソリューションを紹介。


BCPとコスト削減を同時に実現

【持たないプライベートクラウド導入事例1】BCPに取り組んだ「ひとり情シス」奮闘記

東日本大震災をきっかけに、中堅・中小企業でもBCP(事業継続計画)を見直す機運が高まっている。情報システム部門の担当者1人で事業継続と同時にコスト削減も実現できた成功例を紹介しよう。


1人情シスでも安心

基幹業務をIaaSに移行した、1人情シスのクラウド移行プロジェクト

経理システムを含めたITインフラをクラウドへ移行した住宅デベロッパーの事例を紹介する。クラウドへ移行をしたいが、技術やサポートに不安を感じている“1人情シス”も安心なクラウド移行プロジェクトだ。


読者調査結果リポート

バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート

仮想環境の対策に不安、読者調査が示すバックアップ環境の現状

TechTargetジャパンが実施したバックアップ/リカバリ環境に関する調査では、仮想環境が普及している中でも、物理環境のバックアップ手法に依存している企業が多いことが分かった。