2014年03月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドMicrosoftのクラウド/MDM戦略はユーザーに受け入れられるか?

Microsoftのプラットフォームとツールなら、MDMとクラウドに必要とされる安定性を確保できる――。Microsoftの主張はユーザー企業に受け入れられるか?

[Tim Anderson,Computer Weekly]
Computer Weekly

 クラウドやコンシューマー技術、私物端末の業務利用(BYOD)によって企業向けIT分野における独占状態が脅かされる中で、Microsoftはモバイル端末管理(MDM)やクラウドコンピューティングの分野で自社製品の攻勢を強めている。

 Microsoftは企業に対し、同社のプラットフォームとツールこそ、ユーザーが私物のスマートフォンやタブレットで会社のデータにアクセスするクラウドコンピューティングとBYODの時代にふさわしいと納得さようとしている。

 Windows ServerおよびSystem Center事業部のブラッド・アンダーソン副社長は、「某社」という間接的な呼び名を使って、仮想化で競合するVMwareに矛先を向けた。Hyper-Vに切り替えた米国のDomino's Pizzaのような企業では、高密度化、パフォーマンスの高速化、安定性の向上が実現できたという事例を紹介。「MicrosoftのワークロードはMicrosoftのハイパーバイザーで動かすのが一番」と力説した。

 Hyper-Vは、サードパーティーによる強力なサポートを得て弾みが付いているのは確かだ。だが、依然としてVMwareが強い存在感を放っているのは明らかだ。「まだ勝負はついていない」とVirtual Technology User Groupのクリス・ハーニー代表は言う。Hyper-Vに対する関心は高いものの、同氏の見る限り、これまでのところほとんど移行には至っていない。関心の高まりは「上層部から来ている」といい、「2つのハイパーバイザーを調達するのは、自分のデータセンターでは常に選択肢があった方がいいという理由による」と解説する。

Windows Azureの採用状況

 Hyper-Vの最大級のユーザーはMicrosoft自身だ。同社のパブリッククラウドプラットフォーム「Windows Azure」(以下、Azure)はハイパーバイザーにHyper-Vを採用している。MicrosoftはAzureの採用状況について何年も沈黙を保った後、その成長について語り始め、ExchangeやSharePointなどのホスティングサービスを提供する「Office 365」の成長についても語るようになった。

 Azureのストレージ容量は6〜9カ月ごとに倍増しているとアンダーソン氏は言う。Azure Active Directoryはプレビュー版から正式版となったばかりだが、現在管理しているドメインは42万に上る(Office 365でも使用)。Office 365は世界の企業の20%以上が使っているという統計もある。

 System CenterではService Pack 1(SP1)で導入されたMDM機能が注目された。SP1はクラウドベースの管理サービス「Windows Intune」との統合を通じてWindows RT、Windows Phone 8、iOS、Androidを搭載した端末のサポートを追加している。

 「現代のデバイスはクラウドから管理する必要がある」とアンダーソン氏。

 セルフサービスポータル経由のアプリケーション導入機能、盗まれたりなくしたりした端末のデータを遠隔操作で消去する機能も加わった。ただ、AndroidのサポートはiOSやWindows Phone 8に比べると先進性に欠け、BlackBerryは全くサポートされていない。

関連コンテンツ

13559.gif

端末とクラウドの管理にフォーカスしたWindows Server 2012 R2の詳細を解説。


2社の買収

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...