2015年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ

エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。

[Manek Dubash,Computer Weekly]
Computer Weekly

 仮想化、デバイスの急増、そしてクラウド拡大の時代は、エンタープライズバックアップの観点から見ると、データのソースが大幅に増えることを意味する。バックアップソフトウェアはそうした展開を主導するのではなく、後追いしてきた。本稿で取り上げる5種類のエンタープライズバックアップソフトウェアには、ハイパーバイザーとの連携を強化する明らかなトレンドが見てとれる。一部はさらに先を行く。例えばSymantec NetBackupはVMwareの変更されたブロック追跡機能を活用して、システムイメージ作成にかかる時間を短縮する。

Computer Weekly日本語版 2月18日号無料ダウンロード

16157.gif

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 本稿で取り上げる製品は、全てクラウドのサポートを追加または強化している。一方でモバイル端末のサポート欠落が目に付く。調査対象としたエンタープライズバックアップソフトウェア製品は全て、Exchange Server 2013などエンタープライズアプリケーションの新バージョンとの相互運用に対応した更新を行っていた。

CommVault Simpana 10

 CommVault Simpana 10では、単一のウィンドウから全機能とデータにアクセスして参照や管理ができるグラフィカルワークフロープロセスが導入された。グローバルデータ重複排除と、モバイル端末からのセルフサービス復旧機能も導入されている。

 新機能にはWebベースのユーザーセルフサービス、アプリケーションのためのスナップショットのサポート、Microsoft Exchange向けのコンバージ型バックアップ、アーカイブ、報告機能、カスタマイズ可能なWebベースレポーティングとクラウドベース分析、マルチテナンシー保護、セルフサービスオペレーション、チャージバックなどがある。

 自動分析、バックアップ、セルフサービス復旧、データ重複排除、レプリケーション、アーカイブ、データセンターとデスクトップ、ノートPC、クラウドを横断するデータ検索の機能も提供する。

 モバイル端末専用の機能には、ソース重複排除、転送中のデータの暗号化、帯域幅スロットリングなどが含まれる。ディスク、テープ、クラウドをターゲットとし、データは中央リポジトリに単一のインデックスで保存される。

 Simpana 10はMicrosoft Hyper-V、VMware vCenter、vCloud Directorに対応し、カスタマイズ型の発見ルールでは、データストア、リソースプール、VMの名称などのルールに基づいて仮想マシン(VM)を含めたり除外したりできる。

 Exchange Server、SharePoint Server、SQL Server、Oracle、DB2、Lotus Notes向けにはアプリケーション専用の保護対策が提供され、個々のタブレットやデータベース、アプリケーション全体を復旧できる。

 リポーティング機能に含まれるライブダッシュボード参照画面には、ストレージ利用状況や成功率、ステータス報告、トレンド分析、ベストプラクティス比較の運用履歴が表示される。また、チャージバックとサービス品質保証契約(SLA)の達成度についても報告できる。

 コンプライアンス用途では、データの収集と検索を行い、結果を法令に従ってデータ保持用に保存できる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...