Loading
2015年05月26日 12時00分 UPDATE
PR

新旧システムを並行利用する延命策こそが現実解正論だけではうまくいかない「Windows Server 2003」移行問題はこう解決しよう

「Windows Server 2003」のサポート終了を控え、多くの企業がシステム移行を進める。だが固有の理由から既存システムを使い続けなければいけない企業もある。そうした課題を解決できる方法とは?

[ITmedia]

 MicrosoftのサーバOS「Windows Server 2003」の延長サポート終了(EOS)が2015年7月15日に迫っている。サポート終了後も継続利用すればセキュリティリスクの増大が避けられない。また、老朽化したハードウェアを利用し続ければ障害発生リスクも増す。これらを背景に、多くの企業がシステム移行を急ピッチで進めている。

 しかし、移行作業になかなか着手できない業務システムも存在する。例えば、業界・業種固有の業務に関するアプリケーションだ。企業が独自の業務プロセスに合わせてフルスクラッチで開発していると、更新できずに古いバージョンのまま使い続けるケースもある。

 新しいサーバ環境への移行は、全社的なIT刷新を図るチャンスだ。そうしたメリットを十分認識しつつも、現実的にはシステム移行に二の足を踏んでいる企業も多い。そうした企業が抱える共通課題とは何か? 本稿では、その解決策を探る。

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社

提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部