2016年04月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

スタートアップ企業のクラウド事例Amazon EC2やAzureでは解決しない「プロビジョニングできない処理」

事前に必要なコンピューティングリソースが分からない。そんな要件に悩んでいたあるスタートアップ企業。Amazon EC2やAzureでも解決しなかった課題をどうやってクリアしたのか?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 企業Webサイトの監査サービス「seopler.com」を提供しているExpert Digital Marketingは、新興企業がクラウドでビジネスを行う際に直面する、請求とサポートにまつわる課題をどのように解決したのか。

Computer Weekly日本語版 4月6日号無料ダウンロード

19106.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ダブリンを拠点とする同社のサービスは、Nissan Irelandなどの企業に利用されている。同サービスは、Webサイトクロールソフトウェア(クローラー)を使って、機能しないリンク、サイトリダイレクト、無効なHTMLマークアップなど、検索エンジンのランク付けに悪影響を及ぼす恐れのある要素を見つけ出す。サイトのクロールが完了すると、検索エンジン最適化(SEO)を改善するために取るべき措置についてのアドバイスを記載したPDFを生成してユーザーに送信する。

 クロールに必要なコンピューティングリソースは、対象Webサイトのサイズとページ数によって変わる。同社がクローラーをクラウドで運用することに決めた理由の1つはここにある。

 顧客から依頼を受けた際、対象Webサイトの規模を事前に詳しく知らされることはほとんどない。これが、クロールに必要な処理能力の把握を困難にしている。

 「クロールするWebサイトの規模が大きくなるほど、多くのデータを収集することになる。当社はデータベースエンジンの『SQLite』をインメモリに保持して、Webサイトのデータ収集を高速化している」とExpert Digital MarketingのCEO、グラハム・オシェイ氏はComputer Weeklyのインタビューに答えた。

 このプロセスは、時間が最も重要な要素になる。クロールを長時間行えば、監査中のWebサイトに影響が生じる可能性が高くなる。

 2015年に同社を設立するまで、オシェイ氏はクローラーの実行に適切したIaaSプラットフォームの調査を続けた。最初に選択したのは「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)だった。

想定外の問題

 だが、クローラーが実行する作業の規模を予測できないことで、コストとリソースプロビジョニングに予想外の問題が発生した。

 「Amazon EC2で問題になったのは、クロールを行う前にコストとリソースを指定しなくてはならないことだ。100万ページもあるWebサイトでは、8GBのメモリと50G〜60GBのHDDを搭載したEC2仮想マシンを事前に確保する必要がある」と同氏は語る。

 「最初は非常に安上がりだと思ったが、届いた請求書を見ると、長期間使用を続けると追加料金が必要になることが分かった」

 「また、顧客のWebサイトのことが分かっているわけではない。顧客と契約する時点では、サイトの実際の規模は把握できない。顧客ごとにサイトの規模を調べていたのではコストが非常に高くなる。『Microsoft Azure』でも試してみたが同じことだった」

 同社がこうした課題に取り組んでいるとき、「Web Summit Conference」(2015年11月3日にダブリンで開催されたイベント)でソフトウェアのデモを行うという新たなプレッシャーが持ち上がった。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...