2018年05月12日 05時00分 公開
特集/連載

各種メッセージングアプリの長所と短所を比較Apple「Business Chat」がショートメッセージに取って代わる日は近い? (2/2)

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]
前のページへ 1|2       

顧客との表現力豊かな会話

 メッセージが送信されたら、それは対話として扱われるだろうか、それとも1回限りの通知として処理されるだろうか。

 SMSではほとんどのサービスが一方通行のコミュニケーションだ。例えば、企業は技術者が訪問する時刻をユーザーに通知する。そのメッセージにURLを追加することもある。だが、企業がそのメッセージの返信を待つことはない。SMSをベースに構築した一部のシステムやサービスでは双方向のSMSを提供している。だが、その普及率や人気はそれほど高くない。プログラム可能なSMSはその性質上、コストが高くつくためだ。

 ソーシャルメッセージングアプリケーションとBusiness Chatは対話を目的に構築している。顧客と企業はどちらも、送ったメッセージには必然的に返信があると想定している。これらのチャネルは履歴を保持しているため、メッセージやコンテキストがSMSよりも長く残る。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...