2018年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

ゼロタッチプロビジョニングはAppleだけじゃないApple、Google、Samsung、Microsoftが提供するモバイルデバイス自動登録機能の違い (2/2)

[Robert Sheldon,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Android Zero-Touch Enrollment

 Androidには最近ZTEというゼロタッチプロビジョニングのサービスが導入された。スムーズでセキュリティが確保された方法でOSを登録できるようになっている。この新しいサービスによって、企業はエンドユーザー向けに必要な管理設定が事前構成されたデバイスを購入できるようになる。ユーザーは、必要なリソースを入手するため、デバイスにサインインするだけだ。

 AndroidのZTEサービスを利用するには、ZTEソフトウェアのサポート認定を受けたAndroidベンダー(Samsung Electronics、Sony、LG Electronics、Motorola、Huaweiなど)や通信事業者からデバイスを購入しなければならない。小売店で購入したデバイスでは利用できない。

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。