TechTargetジャパン

事例
ゲノム解析の最前線、東京大学 医科学研究所が構築した高速・大容量ストレージ
 国内最大規模の生命科学研究所である東京大学 医科学研究所では、スパコン「Shirokane3」によって先進のゲノム解析が行われている。DNAを読み取り、解析することで、がん細胞が生命システムに異常を引き起こす理由を突き止めるためだ。 同研究所では、2009年にShirokan...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

技術文書
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
 テクノロジーの急速な変化に伴い、企業は仮想化技術や最新ソリューションを導入してきた。それに伴ってサーバやストレージが強化された一方で、ITインフラが複雑化してしまうケースも珍しくない。コストを削減しながら効率的に運用できるITインフラを目指す企業にとって...(2017/9/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める
 EUC(End User Computing)は、場所にとらわれない働き方やBYODを可能にし、生産性を向上する手法として、多くの企業が取り組んでいる。一方で、VDI環境をはじめ相応のインフラ整備が必要であり、単に導入しただけではIT部門の作業時間が運用トラブルに浪費されかねない...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つのポイント」
 高速データ処理に長け、耐障害性にも優れたフラッシュストレージ。課題となっていた容量単価を下げる技術が普及し、導入ハードルが大きく下がってきた。しかし、そのラインアップも増えており、製品選びに頭を悩ませる担当者も多いだろう。 自社に合ったフラッシュスト...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
 コンポーザブル・インフラストラクチャとは、ソフトウェア定義インフラストラクチャ(SDI:Software Defined Infrastructure)の一形態だ。IT部門がわずか数分でITリソースをスケーリングし、サービスとして提供できるようになる。この技術がデータセンターに大きな進歩...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説
 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
システム環境に合わせて選ぶオールフラッシュ、効率的な運用に向けた評価基準
 オールフラッシュストレージの導入では、アプリケーション環境ごとに製品の評価基準が異なる。例えばさまざまな業務システムインフラを共有する仮想環境では、統合的なデータ管理ができるかどうかがポイントになるし、ハイブリッドも含めたクラウド環境では、きめ細かな...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消
 ネットワークの帯域は9カ月ごとに倍になり、CPUやメモリの性能は18カ月ごとに倍になるといわれるように、サーバやネットワークはこの10年で大きく進化した。それに比べて、ディスク性能の進化は15年間で見ても100倍程度にとどまるという。 このような進化のギャップに...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
攻撃者はどうやってマイナンバーを盗むのか? 手口別の対策方法
 2016年からマイナンバーが本格稼働しているものの、まだ企業にとっては扱い方に慣れていない状況だ。これは言い換えれば、攻撃者にとってマイナンバーは格好の攻撃目標であり、企業にとっては大きな懸念材料だということになる。 標的型攻撃、内部不正による情報漏えい...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/7/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
EUCとVDIの設計構築、選択肢を知り選定ポイントを知れば危うからず
 EUCサービスやアプリケーションを提供するためのインフラを設計する際は「エントリーポイント」「拡張性」「パフォーマンス」「モニタリング」「キャパシティー」の5つの点からアーキテクチャとベンダーを評価する必要がある。これらを満たさなければ、運用において多く...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ
 SSDの価格が低下してきたとはいえ、まだまだHDDよりは高価。SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイか、全てSDDで構成したオールフラッシュアレイか。目的に応じてコストと性能のバランスを取ることが重要だ。本PDFでは、選択のヒントを提供する。 本PDF...(2016/1/13 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
これからのストレージに求められる、上位5つの選定基準とは?
 IDCの調査によると、国内市場ではシステム価格500万円〜3000万円未満の「ミッドレンジストレージ」市場が最も成長しているセグメントとなっている。一方で、仮想化環境の導入が進んだことで、ストレージ管理の新たな課題も生まれている。今回の調査では、上位に、「デー...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
DRAMより10分の1安く、ディスクより10倍速い、オールフラッシュストレージの実力
 ソリッドステートストレージの容量当たりの価格が下がるにつれて、企業のIT部門にメリットをもたらす。しかし、フラッシュストレージの真の価値は、Tバイト当たりのコスト計算だけで決まるものではない。 フラッシュストレージへの統合はあらゆるエンタープライズアプ...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
SSDだけでは解決できないボトルネック、ストレージ管理ソフトはどう選べばいいか?
 SANベースのディスクアレイは、高パフォーマンス重視のアプリケーションにとって実用性と有用性の面で限界に達しつつあり、今やHDDのデータ読み書き速度は、最新のアプリケーションや仮想サーバ環境のニーズに対応できなくなっている。その結果、ストレージが企業にとっ...(2015/4/22 提供:株式会社シマンテック)

レポート
ざっくり分かる「ハイパーコンバージド」の仕組みと主要製品
 「コンバージド(垂直統合型)インフラ」と「ハイパーコンバージドインフラ」。両者には違う点も多いが共通要素もある。 コンバージドインフラは、サーバやストレージ、ネットワーク、サーバ仮想化というデータセンターの主要な4つのコンポーネントを1つの筺体にまとめ...(2015/12/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
その思い込みは間違い? フラッシュストレージに抱く「5つの思い込み」
 今やフラッシュメモリは、パフォーマンスや密度などの重要な要素が絶え間なく進化している。アプリケーションパフォーマンスの向上、電力消費量の削減、導入の容易さなど多くの価値を提供してきたが、ユーザーの間ではさまざまな誤解があるようだ。「価格が高い」といっ...(2015/11/24 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
「ベアメタルクラウド」と「仮想サーバ」をガチンコ比較、どちらが買いか?
 ベアメタルサーバ(物理サーバ)をクラウドサービス事業者が提供する――。仮想サーバの利用が前提かのように捉えられてきたクラウドの世界が、大きく変わりつつある。その変化の急先鋒に立つのが、仮想サーバを採用する従来のクラウドと同様の使い勝手でベアメタルサー...(2015/10/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策
 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003...(2015/9/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
仮想環境にはディスクベースでテープバックアップの効率化を
 信頼性とコスト面のメリットに着目し、テープによるデータ保護を実施している企業は多い。しかし、多くのテープバックアップ製品はアプリケーションホストサーバ上でバックアップエージェントを実行するため、高い負荷がかかるのが課題となっている。仮想環境のパフォー...(2015/9/30 提供:ファルコンストア・ジャパン株式会社)

レポート
Forresterが徹底評価:最近話題の「統合インフラ製品」のROIはどの程度か?
 今回、検証の対象となったユーザー企業は、ホテル、レストラン、小売店などを展開するエンターテイメント企業である。TEI(Total Economic Impact)というIT導入に必要な費用と経費削減額、および業務効率化の影響度(便益)を評価する指標を用いて、各事業がスタンドア...(2015/8/27 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
5分で理解する「ハイパーコンバージドシステム」の仕組み
「コンバージド(垂直統合型)システム」と「ハイパーコンバージドインフラシステム」。データセンターの管理者は現在、この2つの選択肢がある。両者には違う点も多いが、フラッシュストレージという共通要素もある。本稿ではハイパーコンバージドシステムの仕組みと主要...(2015/8/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ導入の勘所
 フラッシュストレージの導入が現実的となった今、あらためて導入に値するか否かを冷静に検討する必要がある。まずは、最大のメリットとされる高速性について。本PDFでは、フラッシュストレージを基本的なレベルから解説し、単なる高速性だけではない、フラッシュストレ...(2015/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

Loading