TechTargetジャパン

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法 米ドルの高騰でPCの価格が上昇し、ハードウェアの更新が停滞している。この状況を解決する方法とは?■競合4社の合計をも上回るAWSの優位...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
構成別価格がまる分かり、低コスト・高性能ストレージ選びの“目の付け所”
 フラッシュストレージの低価格化が進み、エントリー価格の製品でも高いパフォーマンスが得られるようになった。そのため、中小規模の企業でも高性能なストレージ環境への移行が進んでいるが、選択肢も増えていることから製品選びに悩むケースも見られる。 低コスト運用...(2016/9/13 提供:株式会社ネットワールド)

Webキャスト
Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?
 加速するビジネススピードに対応するために欠かせない、データベースの処理速度向上。これまで、バッチ処理などのパフォーマンスを向上させるためにDBチューニングを行うことで、処理速度の改善を図ってきた。しかしながらチューニングによる処理速度向上には限界がある...(2017/2/17 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SSDを超える高可用性オールフラッシュストレージ、能力を最大化する仕組みとは
 SSDはHDD互換を前提として設計されているため、既存のHDDを外して、そのままSSDを接続できるなど導入がしやすい。しかし、この互換性を維持するためのデザインがフラッシュチップが持つ本来の能力に限界を作り出している。 SSDでは複数のチップを装備していても、同時...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない
 Computer Weekly日本語版 8月6日号は、以下の記事で構成されています。■弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク ウェアラブル技術は新たなプライバシー問題を引き起こすと業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのよう...(2014/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月16日号:Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft
 Computer Weekly日本語版 7月16日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 8をめぐるMicrosoftと中国の戦いは泥沼に突入 「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落と...(2014/7/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 のパフォーマンス チューニング ガイドライン
 Windows Server 2008は、インストール後の標準の状態でほとんどのワークロードに対して非常に高いパフォーマンスを発揮できます。標準の状態で最適なパフォーマンスを発揮できることは、このリリースの主な目標として掲げられたものです。しかし、特にワークロードの特...(2010/1/24 提供:マイクロソフト株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

比較資料
比較検証で分かった、次世代データセンター構築に適したストレージ製品
 大規模なクラウド環境を得るため、ダイナミックなスケールアップ・スケールアウトのできるオールフラッシュがストレージの本命とされている。そこにはさまざまな要件が関わり、どのような条件で選定を進めるか悩むところだ。 そこで本コンテンツでは、代表的なストレー...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
2大フラッシュストレージ徹底比較:IaaS導入環境に適した製品はどっちだ?
 さまざまなベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。しかし、次世代データセンター対応アプリケーションが必要とする拡張性や即応性、運用の自動化、パフォーマンス保証に対応できる製品選びは非常に難しい。 そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュスト...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法■競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?■Webサイトをシングルページデザイン化したBloomberg、その効果は?■HDD大容量...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法■競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?■Webサイトをシングルページデザイン化したBloomberg、その効果は?■HDD大容量...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底比較:ベンチマークテストで検証、DBサーバハードウェア選び3つのポイント
 2015年7月にWindows Server 2003がサポート終了を迎え、DBサーバの入れ替えを検討している企業も多いことだろう。しかし、最近のサーバは技術的な進展も目覚ましく、何がどのように変化したのか、どのような点を考慮してハードウェアを選択すればよいか迷うことも多いの...(2015/7/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
【解説】オールフラッシュアレイは、なぜデータベース処理を高速化できるのか?
 データベース処理を高速化するために、単純にストレージをHDDからSSDに置き換えても、期待した以上に速くならなかったことはないだろうか? エンタープライズ用途のストレージにおいて、フラッシュメモリーの性能を十分に発揮させるためには、フラッシュメモリー...(2013/3/29 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月21日号:Microsoft帝国からの脱出
 Computer Weekly日本語版 6月21日号は、以下の記事で構成されています。■3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ■フラッシュストレージの最適解「共有DAS」で本当に性能は向上するのか?■トリバゴがDropbox Businessを選んだ理由、導入に成功した方法...(2017/6/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading