TechTargetジャパン

技術文書
Windows Server 2008 のパフォーマンス チューニング ガイドライン
 Windows Server 2008は、インストール後の標準の状態でほとんどのワークロードに対して非常に高いパフォーマンスを発揮できます。標準の状態で最適なパフォーマンスを発揮できることは、このリリースの主な目標として掲げられたものです。しかし、特にワークロードの特...(2010/1/24 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
【解説】オールフラッシュアレイは、なぜデータベース処理を高速化できるのか?
 データベース処理を高速化するために、単純にストレージをHDDからSSDに置き換えても、期待した以上に速くならなかったことはないだろうか? エンタープライズ用途のストレージにおいて、フラッシュメモリーの性能を十分に発揮させるためには、フラッシュメモリー...(2013/3/29 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
デルSSDストレージ性能ベンチマークテスト結果
 サーバ仮想化によるサーバ統合に伴い、ストレージのI/O性能がボトルネックになるケースが増えている。仮想化に際しては、サーバのCPUやメモリだけでなく、それ以上にストレージの性能を考慮する必要がある。 本ホワイトペーパーは、デルのストレージ製品のベンチマーク...(2012/9/18 提供:デル株式会社)

技術文書
高性能エントリーストレージ「HP MSA 2040」最適化のためのベストプラクティス
 中堅・中小企業のIT環境では、サーバやデータ容量の増加に伴ってサーバの仮想化や統合のニーズが高まっている。それに従って、統合されたサーバのデータを保管し、システムに高い可用性を提供するSAN対応共有ストレージが注目されている。 「HP MSA 2040」はエントリー...(2013/10/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のストレージ選びに役立つスペックシート最新版
 本資料は、デルが提供するiSCSIストレージ「EqualLogic」の新製品計11モデルの概要、特徴、仕様を集約したものである。コストパフォーマンス、管理性、柔軟性などが評価されているEqualLogicの各モデルを比較できる。 デルのストレージであれば、導入時の課題である管...(2011/8/25 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用した仮想化環境は、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想化環境に適したストレージ環境を...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
真のストレージ仮想化を実現する自動階層化ストレージアーキテクチャの強みとは?
最近のエンタープライズストレージ市場では、様々な階層化ストレージソリューションが氾濫しています。しかし既存のソリューションのほとんどは、階層化がストレージプラットフォームに密接に統合されておらず、リアルタイムできめ細かなシステムインテリジェンスも提供さ...(2011/5/18 提供:デル株式会社)

製品資料
既存システムにあるHDDの消費電力を最大70%削減する手段
 データ量の増加に伴って消費電力や冷却に掛かるコストは増え続け、日々高騰している。それらを削減するために重要となるのが「パワーマネジメント」だ。コストのみならず、「グリーンIT」が叫ばれるようになった昨今、消費電力を最低限に抑えるための対策は必須だ。では...(2008/11/17 提供:アダプテックジャパン株式会社)

製品資料
VMware vSphere環境の導入効果を最大化するストレージ運用
 中堅・中小企業でもサーバ仮想化が普及し、仮想化技術を導入したITインフラの構築が進んでいる。特に、仮想化ソリューション「VMware vSphere」を利用する仮想環境では、その優れた柔軟性や拡張性がもたらす効果は大きい。 しかし、仮想環境に適したストレージシステム...(2011/9/12 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
データ保全リスクを回避する「オール仮想化」ストレージ
 仮想化は、今や企業ITにとって当たり前の技術となった。近年では、開発環境や検証環境だけにとどまらず、本番システムを仮想化環境に移行する企業が増えてきている。しかしその一方で、仮想化に特有のさまざまな課題も徐々に露になりつつある。その最たるものが、共有ス...(2012/9/24 提供:ノックス株式会社)

技術文書
SAP Sybase IQハードウェアサイジングガイド──ビッグデータ時代の段階的なDWH拡張
 ビッグデータ活用の潮流により、DWHの導入を検討する企業が増えている。選択肢の1つとしてDWHアプライアンス製品があるが、高額であったり、システム設計・構築の自由度が低いといった課題があるだろう。 一方、「SAP Sybase IQ」は、ソフトウェアだからこそ実現できる...(2012/11/26 提供:SAPジャパン株式会社)

技術文書
リモートオフィス向けサーバ参照用構成 Hyper-V 統合システム
 拠点(リモートオフィス、支社、事業所、スモールオフィス)におけるサーバシステムは、本社データセンターよりもさらに管理およびサポートのオーバーヘッドが最小になるような効率的なITインフラが求められている。 本ホワイトペーパーでは、Windows Server 2012 Hype...(2013/11/22 提供:デル株式会社)

技術文書
比較:Oracle Databaseに最適なストレージはどれだ?
 企業の情報システムで幅広く使われる「Oracle Database」。その機能や性能を最大限発揮させるには最適なストレージシステムを選ぶ必要がある。ストレージ選びで重要になるのは、パフォーマンスの高さや運用管理の容易さの他に、Oracle DatabaseやOracleアプリケーション...(2013/7/19 提供:日本オラクル株式会社)

カタログ
【カタログ】オールフラッシュストレージ「XtremIO」
【製品概要】1.グローバルインライン重複排除技術4KBのブロック単位で重複をメモリ内で排除し、SSDにはユニークなデータブロックのみ書き込むことで、書き込み回数、書き込みデータ容量を大幅に削減できる。それにより、書き込み回数による寿命や容量単価、書き込みのパ...(2014/2/25 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
ゆるキャラが解説!!マンガで分かるストレージ仮想化 予測できない性能/容量需要に対応するには?
 既に身近になってきているクラウドや仮想化でも、導入が進むにつれて従来型のストレージでは拡張性に限界が生じている。ある程度の規模でスタートしても、容量が増えてディスクを追加したり、仮想サーバを追加する必要が出てくる。クラウドであれば、サービスの増強と予...(2014/1/6 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
サーバの増設、管理コスト低減のポイントは「サーバのI/O性能」――アダプテックMaxIQ SSDキャッシュ
 今日、データセンターやクラウドコンピューティング環境では、データベース、ウェブサーバ、ファイルサーバ、eコマースアプリケーション、eメールなどにかかわる一連のアプリケーションをサポートするために、サーバやストレージのI/Oパフォーマンスを強化することが求...(2010/3/23 提供:アダプテックジャパン株式会社)

製品資料
他社アプライアンスとSQL Server SSD Applianceとを比較 データベースの「2つの役割」を両立するには
 ビッグデータというバズワードに導かれ、データ分析の重要性はより多くの企業で認識されるようになった。しかしデータベース管理者は、「高速なOLTP用データベース」と「高速な分析用データベース」という2つの役割への対応を迫られ、最適なチューニングが困難な状況に...(2013/9/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ストレージの可用性99.999%以上を実現するために必要な技術要素
 ユーザー企業にとって「ストレージの可用性」はシビアにならざるを得ないIT課題だ。特に、止まることが許されないミッションクリティカルシステムにおける可用性は重要視されているが、市場には他社の二番煎じの従来型SANストレージ(デュアルコントローラー・ヘッド構...(2013/6/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ビッグデータ時代にスケールアウトNASが選ばれる3つの理由
 大規模な仮想化や非構造化データの増加、分析・解析データの増加は、「ビッグデータ」の潮流となって企業ITの姿に変化をもたらした。販売されるストレージ容量の80%がファイルベースのデータ用となるといった調査会社の予測データもある。 社内業務で増え続けるMicros...(2014/3/31 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
急増する非構造化データをどう管理する? ファイルストレージ選びのポイント
 Web上で提供される音声や動画データ、ECサイトに蓄積される購入履歴、GPSやICカードなどのセンサーデータ、ソーシャルメディアに書き込まれたコメントなど、データの多様化と新しいデジタルワークフローの導入は、企業データを増大させ続けている。特に非構造化データの...(2013/9/30 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

技術文書
重複排除バックアップアプライアンス導入ガイド
 重複排除は、「大容量のデータを短時間でバックアップし、ストレージの全体的な設置スペースを減少する」というバックアップの課題解決の鍵だ。なかでも、任意の場所から重複排除を実行し、一元管理が行える連携型重複排除ソリューションは、分断された重複排除テクノロ...(2014/4/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月5日号:仮想化コストを増大させる勘違い
 Computer Weekly日本語版 2月5日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化のコストを大幅に削減する3つの処方せん 仮想化してもコストが下がらない。それどころかコストが増大する可能性もある。仮想化のコストに悩む企業は、以下の3つの手法を検討すべきだ。■H...(2014/2/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
増え続けるデータをどう守る? 実測結果から効果的なバックアップ構成を探る
 データ量は増加の一途をたどり、ある調査会社が発表した予測資料によれば、世の中に存在するデータは年率40%以上で増加を続けているといわれている。そのため、日々増加するデータの保護には、データ量の圧縮と速度が求められる。 この資料では、バックアップソフトウ...(2014/2/13 提供:CA Technologies)

技術文書
重複排除ストレージへのバックアップ&データ復旧ガイド
 災害時におけるシステムやデータの復旧や予防措置であるディザスタリカバリの重要性は、多くの企業で認識されるようになった。しかし、真の事業継続を考える上では、万が一のシステム障害の際に迅速かつ確実に復旧できなければ意味がない。災害は突然やってくるため、常...(2014/1/20 提供:CA Technologies)

製品資料
基幹システムの遅延対策 “応急手段”で終わらせない最適解とは
 基幹アプリケーションの動作確保は、業績拡大か縮小かの分け目となる大きなポイントとなる。そしてレスポンス時間の短縮と高速化は、あらゆるクリティカルなアプリケーションにおいて共通のニーズであり、ビジネスの存続に関わる重要なポイントだ。 システム遅延時間に...(2014/1/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
【検証結果】Enterprise Hadoopでビッグデータの高速な分散処理を実現するスケールアウトNAS
 ここ数年、Hadoopは分散処理による高速化が着目され、企業の基幹システムのバッチ処理等での利用され始めている。 企業でHadoopを利用する場合、データの保全性やフレームワークの安定性などにも留意する必要があるが、最も重要なポイントの一つとなるデータ保護は、企...(2013/8/26 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
100店舗以上を持つ小売業を例に解説する、SQL ServerとHadoopの連携方法と効果
 このホワイトペーパーは、マイクロソフト公式の『SQL Server 2012 徹底検証シリーズ ビッグデータ活用のためのSQL ServerとHadoop連携』である。架空の企業「X社」をモデルに、「Microsoft SQL Server 2012」とHadoopとの連携方法を、システム導入の流れに沿って詳細に...(2013/8/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
仮想化のネック!? 業務システムのパフォーマンスを改善
 仮想化技術を導入するとITインフラの拡張性や柔軟性が増す一方で、WebサーバやMicrosoft Exchangeなどのミッションクリティカルな業務システムの処理性能に対する懸念が出てくる。 例えば、ピーク時でも低下することがないI/Oパフォーマンス、増減するワークロードに柔...(2012/3/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
データセンターの仮想化基盤運用をラクにする8つの方法
 ある企業の情報システム部部長は、自社の仮想化プロジェクトについてこう語る。「5年前に仮想化プロジェクトを始めた時は良かったんですよ。2つのホストを立てて、VMware vSphereに各物理サーバを統合して、スモールスタートで始めました。プロジェクトは大成功でしたよ...(2014/4/9 提供:マクニカネットワークス株式会社)

Loading