TechTargetジャパン

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法 米ドルの高騰でPCの価格が上昇し、ハードウェアの更新が停滞している。この状況を解決する方法とは?■競合4社の合計をも上回るAWSの優位...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
構成別価格がまる分かり、低コスト・高性能ストレージ選びの“目の付け所”
 フラッシュストレージの低価格化が進み、エントリー価格の製品でも高いパフォーマンスが得られるようになった。そのため、中小規模の企業でも高性能なストレージ環境への移行が進んでいるが、選択肢も増えていることから製品選びに悩むケースも見られる。 低コスト運用...(2016/9/13 提供:株式会社ネットワールド)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
SSDを超える高可用性オールフラッシュストレージ、能力を最大化する仕組みとは
 SSDはHDD互換を前提として設計されているため、既存のHDDを外して、そのままSSDを接続できるなど導入がしやすい。しかし、この互換性を維持するためのデザインがフラッシュチップが持つ本来の能力に限界を作り出している。 SSDでは複数のチップを装備していても、同時...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない
 Computer Weekly日本語版 8月6日号は、以下の記事で構成されています。■弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク ウェアラブル技術は新たなプライバシー問題を引き起こすと業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのよう...(2014/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月16日号:Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft
 Computer Weekly日本語版 7月16日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 8をめぐるMicrosoftと中国の戦いは泥沼に突入 「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落と...(2014/7/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 のパフォーマンス チューニング ガイドライン
 Windows Server 2008は、インストール後の標準の状態でほとんどのワークロードに対して非常に高いパフォーマンスを発揮できます。標準の状態で最適なパフォーマンスを発揮できることは、このリリースの主な目標として掲げられたものです。しかし、特にワークロードの特...(2010/1/24 提供:マイクロソフト株式会社)

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

技術文書
ストレージの能力を見極め、サービス品質を保証する「6つの要件」
 次世代型IT環境とは、アプリケーションのパフォーマンスを最大化させ、安定的にサービスを提供できる環境のことを指す。その上で運用管理が適切に自動化され、障害予測が迅速に実行されることが望ましい。重要となるのが、ストレージの能力である。アプリケーションやワ...(2016/3/9 提供:SolidFire)

比較資料
2大フラッシュストレージ徹底比較:IaaS導入環境に適した製品はどっちだ?
 さまざまなベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。しかし、次世代データセンター対応アプリケーションが必要とする拡張性や即応性、運用の自動化、パフォーマンス保証に対応できる製品選びは非常に難しい。 そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュスト...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

事例
読み込みを90%短縮、第一生命保険が“時代が変わった”と感じたオールフラッシュ
 激しい競争が続く生命保険業界で、業務のWeb化によるビジネスの成長を目指す第一生命保険。同社は、顧客を訪問して保険の提案をする際、タブレットを使って契約状況に応じた最適なプランを案内している。このスタイルは顧客から支持され、業績向上にも貢献しているとい...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法■競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?■Webサイトをシングルページデザイン化したBloomberg、その効果は?■HDD大容量...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月17日号:もうRAIDでは守れない(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月17日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法■競合4社の合計をも上回るAWSの優位はいつまで続くのか?■Webサイトをシングルページデザイン化したBloomberg、その効果は?■HDD大容量...(2015/6/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
徹底比較:ベンチマークテストで検証、DBサーバハードウェア選び3つのポイント
 2015年7月にWindows Server 2003がサポート終了を迎え、DBサーバの入れ替えを検討している企業も多いことだろう。しかし、最近のサーバは技術的な進展も目覚ましく、何がどのように変化したのか、どのような点を考慮してハードウェアを選択すればよいか迷うことも多いの...(2015/7/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
【解説】オールフラッシュアレイは、なぜデータベース処理を高速化できるのか?
 データベース処理を高速化するために、単純にストレージをHDDからSSDに置き換えても、期待した以上に速くならなかったことはないだろうか? エンタープライズ用途のストレージにおいて、フラッシュメモリーの性能を十分に発揮させるためには、フラッシュメモリー...(2013/3/29 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Oracle DBの高速化とコスト最適化を実現、“一石二鳥”のオールフラッシュ選び
 サーバ仮想化や仮想デスクトップ、分散データ保護など、さまざまな用途での活用が進むオールフラッシュストレージ。特にその効果が期待されるのが、Oracleデータベースをはじめとするデータベース環境およびアプリケーションの高速化だ。 オールフラッシュストレージの...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ徹底解剖、導入・運用・拡張をシンプル化する方法
 サーバやストレージ、ネットワークスイッチ、テープ装置などを組み合わせた旧来のシステムは、物理配線も複雑になり、運用管理に多くの工数や時間を要する。また、システムリソースの増強などが迅速に行えず、ユーザーニーズへの即応も困難となる。 そこで、これらの課...(2016/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
高性能エントリーストレージ「HP MSA 2040」最適化のためのベストプラクティス
 中堅・中小企業のIT環境では、サーバやデータ容量の増加に伴ってサーバの仮想化や統合のニーズが高まっている。それに従って、統合されたサーバのデータを保管し、システムに高い可用性を提供するSAN対応共有ストレージが注目されている。 「HP MSA 2040」はエントリー...(2014/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

技術文書
デルSSDストレージ性能ベンチマークテスト結果
 サーバ仮想化によるサーバ統合に伴い、ストレージのI/O性能がボトルネックになるケースが増えている。仮想化に際しては、サーバのCPUやメモリだけでなく、それ以上にストレージの性能を考慮する必要がある。 本ホワイトペーパーは、デルのストレージ製品のベンチマーク...(2012/9/18 提供:デル株式会社)

比較資料
2大オールフラッシュ徹底比較:大規模な混在ワークロード環境に適した製品は?
 オールフラッシュストレージを導入検討する際の製品評価は、アプリケーションの要件に基づいて行うことを推奨したい。そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュストレージ「Pure Storage FlashArray」と「NetApp SolidFire」のアーキテクチャ要素を比較し、それぞれ...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
最大43倍のパフォーマンスを実現、データベースを支えるコンバージドインフラストラクチャとは
 企業向けデータセンターの効率を高めることは、企業の根幹にかかわる問題だ。本レポートは調査会社Principled Technologiesによる、コンバージドインフラストラクチャ「Dell PowerEdge FX2」と従来のラックサーバを比較したテスト報告である。 テストでは、Dell PowerE...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
汎用型 vs. 仮想化特化型――同じオールフラッシュでもここまで違う
 オールフラッシュストレージはディスクストレージより高速なアクセスを実現でき、省電力や省スペースなど、数々のメリットをもたらす。そして、これまでは割高だった価格もついにハイエンドのディスクストレージと肩を並べつつあり、いよいよ本格的な普及が始まろうとし...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading