2018年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

キーワードは「イレージャーコーディング」ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は? (1/3)

RAIDは定評のあるストレージテクノロジーで、信頼性と安全性の高さで知られているが、データ量の増加に伴い、より柔軟性が高く、効率性に優れた手段が注目されている。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

RAID | OSS | イレージャーコーディング


画像 RAIDに代わるストレージテクノロジーとは

 企業は長年にわたってRAIDを頼りにしている。企業データを保存するには非常に効率が高く、信頼できるツールであることが証明されているためだ。RAIDは重要なシステムのパフォーマンスを向上させ、データの損失や破損からも保護する。

 だが、RAIDには問題がある。昨今のデータ量増加のため、障害が発生したドライブを再構築する時間が、初期のRAIDに比べてかなり長くかかるようになっている。保存しなければならないデータが増えるほどRAIDの効率が低下し、そのデータに対するリスクも大きくなる。その結果、多くの組織がRAIDの代替手段を模索するようになっている。

 RAIDに代わる新たな選択肢として人気を集めているのがオブジェクトストレージだ。RAIDに比べて大量のデータを簡単かつ安価に処理できるのがその理由だ。オブジェクトストレージが成熟し、導入が広がるにつれ、企業はRAID、さらにはブロックストレージの将来を疑問視するようになるかもしれない。

RAIDの概要

 RAIDは長年の実績があるストレージテクノロジーだ。パフォーマンスを最大限に引き出し、物理ドライブに障害が発生したり、データが破損したりした場合にデータを復旧できる。RAIDはストレージアレイの物理ディスクをまとめてグループにし、1つの論理ドライブとして表現する。データを格納するプロセスでは、ストライピング(分割)、ミラーリング(複製)、パリティ(誤り検出)という3つの重要なテクノロジーを利用する。通常は、この中の幾つかが相互に組み合わせられる。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...