2018年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は?キーワードは「イレージャーコーディング」(2/3 ページ)

[Robert Sheldon,TechTarget]

RAIDのストレージ構成要素

 オブジェクトストレージへの移行はRAIDのみに関連しているわけではない。RAIDの基礎となるデータアーキテクチャのブロックストレージにも関連する。ブロックストレージでは、ファイルを個別のデータブロックに分割し、それぞれに固有のアドレスを割り当てる。このデータ構造が小さくなるほど、ストレージ管理システムは可能な限り効率が高い方法でデータブロックを保存できるようになる。

 このストレージブロックにアクセスするため、サーバではファイバーチャネル(FC)、「Fibre Channel over Ethernet」(FCoE)、iSCSIなどの通信プロトコルが使用される。ブロック自体に構成情報(メタデータ)は含まれない。ストレージの割り当て方やデータの保存場所を決めるのはストレージ管理システムの役割になる。

 ブロックストレージは主にSAN(Storage Area Network)構成で使用され、この構成にはRAIDアレイが含まれることが多い。ブロックストレージは広く導入され、理解が進んでいるテクノロジーだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...