2018年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は?キーワードは「イレージャーコーディング」(3/3 ページ)

[Robert Sheldon,TechTarget]
前のページへ 1|2|3       

オブジェクトストレージ、ブロックストレージ、RAID

 ブロックストレージが近い将来なくなることはない。それはRAIDやSANも同じだ。最重要アプリケーション、財務システム、データベース管理システム、仮想デスクトップインフラなどの高性能アプリケーションを運用している企業は、こうしたシステムに大きな投資をしている。その仕組みも理解している。

 こうした企業は、データ量が飛躍的に増加し、新しいストレージモデルを検討する必要があることも認識している。オブジェクトストレージは、これらの旧式のテクノロジーに伴う多くの制限事項に対処する。

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...