2018年09月18日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「AHCI」 IT担当者が知っておくべきこととは肝心なのは機能ではなく“どこで使うか”

AHCI(Advanced Host Controller Interface)とRAID(Redundant Array of Independent Disks)は、データ管理とストレージインフラの効率的な運用のために理解しておくべき基本概念だ。

[Scott D. Lowe,TechTarget]
画像 重要なのはどこに使われている技術なのか、という点

 SSDの時代になっても、依然として旧式のテクノロジーは使われ続けている。その一例が、AHCI(Advanced Host Controller Interface)とRAID(Redundant Array of Independent Disks)だ。

 AHCIとRAIDは同じ文脈の中で見掛けることが少なくないが、目的はそれぞれ別だ。PC単体を運用している場合でも、巨大なストレージ環境を運用している場合でも、AHCIとRAIDの違いを理解しておくことが肝心だ。それぞれに、ストレージ環境をスムーズに運用するのに役立つ機能がある。

AHCIとRAIDの基礎

 AHCIは、ソフトウェア(大抵はOS)がSATAデバイスと通信できるようにする業界標準のストレージインタフェースだ。古くから使われてきたパラレルATA(PATA)やIDE(Integrated Drive Electronics)インタフェースの代わりとして、2004年にIntelが導入した。

ホットスワップを実現

 AHCIは、SATAデバイス特有の機能をOS側で使用できるようにする。例えば、SATAはデバイスのホットスワップ(PCの再起動を必要としないで、PCに新しいデバイスを接続する機能)が可能だ。AHCIにより、Windows、UNIX、Linuxの各OSでホットスワップが可能になった。

 HDDにおけるNCQ(Native Command Queuing)は、ハードウェア側のSATAとソフトウェア側のAHCIの組み合わせで導入された有名な機能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...