2019年10月11日 05時00分 公開
特集/連載

大学の計算センターが「毎月2PB増えるストレージ」を刷新 最大の課題は大規模アーカイブを支えるテープストレージ事例【前編】

大規模アーカイブシステムの容量管理に頭を悩ませていた、テキサス大学オースティン校のテキサス先端計算センター(TACC)。管理者が「人生で最大規模」と語る移行プロジェクトで、最大の課題に挙がったことは何か。

[Johnny Yu,TechTarget]
Ranch TACCの大規模アーカイブシステム「Ranch」(画像はTACCのWebサイトから)《クリックで拡大》

 University of Texas at Austin(テキサス大学オースティン校)のTexas Advanced Computer Center(TACC:テキサス先端計算センター)では、5万人のユーザーが毎月約2ペタバイトのデータを生成し、180万個のファイルをストレージに保存している。TACCはこうした現状に対処するため、ユーザーにストレージ容量を厳密に割り当てる方法を必要としていた。そして、サポート人材をきちんと見つけられるシステムを持っておく必要があった。

 TACCは古いOracle製品の環境を廃止し、DataDirect Networksの分散型RAID技術「SFA Declustered RAID」(DCR)を搭載したブロックストレージシステム「SFA14K」と、Quantumのテープライブラリ「Scalar i6000」に移行した。新しい保管ポリシーを策定することで、アップロードデータの増加と独自のテープ形式による諸問題を解決できた。

 QuantumのScalar i6000は「管理が非常に容易で、厳密なクオータ(共有ストレージの上限容量)管理機能が利用できる」と、TACCの大規模アーカイブシステム「Ranch」の管理を担う上級システム管理者、フランク・ドウマ氏は述べる。TACCではユーザーコミュニティーにルールを課しているため「ユーザーが勝手に何でもアーカイブすることはない」(ドウマ氏)。

導入済み製品への“ある懸念”が移行のきっかけに

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...