2018年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較製品の違いを見分けるために(1/2 ページ)

主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。

[Chris Evans,TechTarget]

関連キーワード

バックアップ | 仮想化


 ニーズに合わせた最適なバックアップアプライアンス選びは、企業独自のデータ管理要件に左右される。統合バックアップアプライアンスの多くには類似の機能が備わっている。さまざまな製品の違いを見分けるのに役立つよう、その差を簡単に紹介しよう。

Arcserve

 Arcserveの「Arcserve Unified Data Protection」(UDP)のバージョン6.5は、同社の主力バックアップ製品だ。ソフトウェアやアプライアンス形式で提供される。アプライアンス版は「Arcserve UDP 8000」シリーズとして4モデルが販売されている。フォームファクター(形状や大きさ)が1Uサイズの「UDP 8100」「UDP 8200」と、2Uサイズの「UDP 8300」「UDP 8400」の4種類だ(2017年12月現在、日本では8200および8220のみ販売)。ローカル保護については、UDP 8100とUDP 8200にはRAID 5を、UDP 8300とUDP 8400にはRAID 6を採用している。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...