「テープ」がデータ爆発時代のバックアップに役立つのはなぜか数十年使われ続ける理由

自社のデータ保管、保護に四苦八苦していないだろうか。データ量が増え続ける今、磁気テープストレージが賢明かつコスト効率の高い手段になる可能性がある。

2019年02月19日 05時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
画像

 ここ数年で、磁気テープストレージは古いテクノロジーだと考えられるようになった。磁気テープストレージに特有の厄介な制約事項を容易に取り除くことができる、データ保護やクラウドバックアップなどの新しいテクノロジーが登場しているためだ。これは驚くようなことではない。

 だが、だからといって磁気テープストレージが全く利用されなくなるわけではない

 昨今、企業は前例のない勢いでデータを生み出し、当然その結果として、企業が保管すべきデータが急増している。ビッグデータ時代におけるこうした事態は、ストレージリソースへの負担を増やし、大きな問題の一つになっている。大量のデータをオンプレミスに保管する企業は、必要な容量の確保に苦慮している。大半のデータをパブリッククラウドで保管している企業は、データの増加によってストレージコストが増える一方だ。

バックアップシステムへの影響

 データ量の急増によるこの問題は、バックアップシステムにも影響する。ディスクベースのバックアップシステムは容量の限界に近づく。ストレージの使用率が高まりその分コストが高騰する。もちろん、重複排除など不要なデータを削減する手法を用いてストレージの使用率を一時的に落とすことは可能だが、最終的にはデータ量の急増に対処できるだけの環境を用意しなければならないのは間違いない。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。