2018年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

注目技術の将来を予測「テープストレージ」が見直される理由は“新しい役割”にある (1/2)

新たに生成されるデータの量は、今後数年間で数ゼタバイトに達すると予測されている。この膨大なデータの保存はどうすべきか。

[Paul Crocetti,TechTarget]

関連キーワード

LTO | ストレージ | クラウドストレージ


画像 膨大なデータの保存はやはりテープが最適なのか

 テープストレージ(以下、テープ)は長い時間をかけて開発され、1つのカートリッジで数十テラバイトの容量が利用可能となった。そのため、フラッシュ、ディスク、クラウドの各ストレージと並んで、テープも重要な記憶媒体になりつつある。だが、テープ推進派でも、膨大なデータを処理するには他のストレージ媒体を併用した包括的な検討が必要だという。

 2018年前半にLTO(リニアテープオープン)プログラムで発表されたテープ媒体の年間出荷レポートによると、2017年に出荷された圧縮テープストレージの総容量は10万8000P(ペタ)Bで、2016年に比べて12.9%の増加となった。これは2008年の出荷総容量2万PBの5倍を超える。

 2017年後半に発表された「LTO-8」は、30TBの圧縮容量と12TBの非圧縮容量を持つ。圧縮、非圧縮容量ともに2015年に発売された「LTO-7」から倍増した形だ。ストレージ企業Spectra Logicによると、非圧縮容量12TBとは、映画8000本、音楽288万曲、写真714万枚に相当する。

テープの再台頭

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...