クラウドが低迷してテープが活況? ストレージの“ちょっと奇妙な現実”特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドやハイパーコンバージド、SDSといった新技術は、ストレージの新たな常識となるとの見方もあった。だが「そううまくはいっていないのではないか」との声もある。

2017年11月21日 10時46分 公開
[TechTargetジャパン]

関連キーワード

NAS | ストレージ


ダウンロードはこちら

 面倒なストレージの構築や運用を効率化したい――。こうした企業のニーズに応えるべく、クラウドストレージやハイパーコンバージドインフラ(HCI)、ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)といった新たなテクノロジーが登場してきた。これらのテクノロジーは、ストレージの世界に“革命”を起こすと期待されてきた。

 革命には副作用が付きものだ。実際、こうした新たなテクノロジーは、企業のストレージ環境に新たな課題をもたらしていると指摘する声がある。新テクノロジーの魅力が薄れる一方で、旧来のテクノロジーであるテープが躍進するとの見方もある。ストレージ市場で今、何が起こっているのか。専門家の声と調査結果を基に解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。