2017年11月21日 10時46分 公開
特集/連載

クラウドが低迷してテープが活況? ストレージの“ちょっと奇妙な現実”特選プレミアムコンテンツガイド

クラウドやハイパーコンバージド、SDSといった新技術は、ストレージの新たな常識となるとの見方もあった。だが「そううまくはいっていないのではないか」との声もある。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

NAS | ストレージ


ダウンロードはこちら

 面倒なストレージの構築や運用を効率化したい――。こうした企業のニーズに応えるべく、クラウドストレージやハイパーコンバージドインフラ(HCI)、ソフトウェア定義型ストレージ(SDS)といった新たなテクノロジーが登場してきた。これらのテクノロジーは、ストレージの世界に“革命”を起こすと期待されてきた。

 革命には副作用が付きものだ。実際、こうした新たなテクノロジーは、企業のストレージ環境に新たな課題をもたらしていると指摘する声がある。新テクノロジーの魅力が薄れる一方で、旧来のテクノロジーであるテープが躍進するとの見方もある。ストレージ市場で今、何が起こっているのか。専門家の声と調査結果を基に解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...