2017年11月24日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 7サポート終了まであと2年 “しぶしぶ”でも認めるWindows 10の真価とは特選プレミアムコンテンツガイド

差し迫ったWindows7サポート期限に対し、企業はいや応なしにWindows10移行計画を立てる必要がある。特にこれまで食わず嫌いで情報収集していなかった担当者は、これを期にWindows10について知ってほしい。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 2020年1月14日、Windows 7のサポート期間がいよいよ終了となる。以後はセキュリティ更新プログラムや有償サポートを含む全てのサポートが受けられなくなる。更新プログラム適応漏れを攻撃してくるマルウェアが存在する現在では、「まだ使えるから更新プログラムが無くても大丈夫」などとは言っていられない。

 独自調査でWebブラウザやOSのシェア情報を公開しているStatCounter Global Statsによると、2017年11月時点でWindows 7とWindows 10の利用シェアは共に40%程度となっている。この40%のWindows7利用者はサポート切れのタイミングで“しぶしぶ”でもWindows 10への移行をしなければならない。

 本稿ではWindows7利用企業がどのような課題を持ち、どのように向き合っているかを調査し、まとめた。同様にWindows 7との比較を基にWindows 10がもたらすメリットについてもまとめている。Windows 10移行のための参考になれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...