2015年12月14日 08時00分 公開
特集/連載

SSD万能時代、それでもテープは残ると専門家が考える理由HDDの方が先に消滅?(1/2 ページ)

2015年11月上旬に開催された「Storage Decisions 2015」カンファレンスで、ディスクとテープの未来について語るパネルディスカッションが行われた。ストレージ業界における最近の出来事による影響に対処するヒントが提示された。

[Dave Raffo,TechTarget]
HP分社化までの道のり HP分社化までの道のり《クリックで拡大》

 米ニューヨークで2015年11月上旬に「Storage Decisions 2015」カンファレンスが開催された。その締めくくりとして専門家がパネルディスカッションを行い、ストレージのテクノロジー、戦略、ベンダー、今日のデータストレージ業界の変化が与える影響について、参加者の質問に答えた(参考記事:HDDはこのまま消滅? SSDをめぐり真っ二つに分かれた専門家の意見)。

 パネリストは、米Enterprise Strategy Groupのジェイソン・バフィントン氏、米Storage Switzerlandのジョージ・クランプ氏、米Dragon Slayer Consultingのマーク・ステイマー氏、米Toigo Partners Internationalのジョン・トイゴ氏、米Neuralytixのベン・ウー氏だ。質問はテープストレージや買収や分社化したビッグベンダーの今後にまで及んだ。

――データを数年または永久に保持するという要望にはどう対処すればいいでしょうか。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...