2016年05月11日 15時00分 公開
特集/連載

8社のNASベンダーを比較して分かる、ユーザーの“激辛な本音”5つのポイントで見るNASストレージの現状【前編】(1/2 ページ)

TechTargetの「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」では、5つのカテゴリーに沿って製品を評価している。厳しい評価が下された本調査の詳細を紹介する。

[Rich Castagna,TechTarget]
3種類のストレージの接続形態(参照:ストレージの理想的な管理要件を満たす「オブジェクトストレージ」)《クリックで拡大》

 NASはNetwork Attached Storageの略だが、「嫌な」「ひどい」「意地が悪い」などの意味を持つ「nasty」の最初の3文字でもある。TechTargetが実施したアンケート調査の回答者が下した厳しい評価基準からすると、NASストレージシステムのベンダーは襟を正して結果に向き合うか、早急に逃げ出す方がよいだろう。

 TechTargetの第10回「NASストレージシステムのユーザー満足度調査」では、2015年1月に発表した前回の調査の傾向が引き継がれた。そして、ミッドレンジNAS部門とエンタープライズNAS部門のいずれでも、NASベンダーとNASストレージシステムに厳しい評価が下された。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...