2012年09月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

オブジェクトストレージを理解する(1) 拡張性に差がある、オブジェクトストレージとスケールアウト型NAS

オブジェクトストレージは、スケールアウト型NASに代わる有力な選択肢となりつつある。その理由を解説する。

[Jacob N. Gsoedl,TechTarget]

 現在、オブジェクトストレージは、スケールアウト型NAS(Network Attached Storage)に代わる有力な選択肢となりつつある。その理由として以下の点が挙げられる。

  • 拡張性に制限がない
  • サーバの処理能力やネットワークの帯域幅への依存度が低い
  • ストレージコマンドが不要でインターネットプロトコルでアクセスできる
  • 独自のメタデータが使える
  • 市販の標準的ハードウェアをそのまま利用できる

 また、ファイルベースあるいはブロックベースの従来のストレージがオブジェクストレージにリプレースされるケースもある。こうした動きは、特にパブリック/プライベートクラウドの分野で進んでいる。今回から3回にわたり、オブジェクトストレージの仕組みを詳しく解説するとともに、このシステムがクラウドインフラの基盤技術になった背景について述べる(関連記事:ストレージの理想的な管理要件を満たす「オブジェクトストレージ」)。

オブジェクトストレージ vs. 従来型ストレージ

 ブロック/ファイルベースのストレージに幅広い選択肢がある今日、新たなストレージ技術の必要性はどこにあるのか、という疑問が生じるのは当然だ。いずれも実証済みの成熟した技術であり、分散化が進むクラウド対応のエコシステムのニーズを満たすように既存技術を改良すればいいのではないかとも思える。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。