2015年05月22日 12時00分 公開
特集/連載

ストレージの「NAS」と「DAS」の比較で分かった“やっぱり”な結論柔軟性と冗長性、構成しやすさで考える

一部のアプリケーションではDASは便利なストレージだ。だが、ストレージアーキテクチャに関する選択肢の多いNASの方が適切な選択肢になることは少なくない。

[Brien Posey,TechTarget]
米EMCのスケールアウトNAS「Isilon」シリーズ《クリックで拡大》

 「NAS(Network Attached Storage)」と「DAS(Direct Attached Storage)」のいずれかを選択できる場合、既存の環境ではどちらを使用するのが適しているのだろうか。要件は企業によって異なるため、全ての環境に当てはまる答えはないが、本稿では企業がDASではなくNASを選ぶべき5つの理由を紹介する。

理由1:DASの容量の上限

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...