2017年05月31日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「WannaCry」の脅威にどう対抗?ランサムウェア被害で浮上した「データはテープにバックアップして隔離」の重要性

ランサムウェア「WannaCry」は世界中の多くの企業や組織に混乱をもたらした。企業がランサムウェアの脅威に備え、業務の安全を確保するためには、確実なデータ保護対策を実践する必要がある。

[Paul Crocetti,TechTarget]

 ランサムウェア「WannaCry」による攻撃の余波が残る2017年5月中旬、仮想環境向けデータ保護ソフトウェアを提供するVeeam Softwareが開催したユーザーカンファレンス「VeeamON 2017」では、ランサムウェア対策が大いに注目を集めた。

 カンファレンスに登壇した幹部らによれば、盤石なデータ保護対策こそがランサムウェア攻撃に対する一番の予防になるという。

 「ランサムウェアの脅威から逃れるための唯一の方法はバックアップとリストアだ」。Veeam Softwareのテクニカル製品マーケティング担当ディレクターを務めるリック・バノーバー氏はそう語る。

 バノーバー氏は、Veeam Softwareのアライアンス製品マーケティング担当上級マネジャーを務めるブライアン・マー氏とともにセッションに登壇し、ランサムウェア攻撃による被害を防ぐためのベストプラクティスについて説明した。

 「ランサムウェア対策としてだけでなく、データ全般の保護に有効な対策だ」とマー氏は語る。

データ保護で留意すべきポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...