2022年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

「HDDはなくなる」は本当か? IDCの答えは専門家が語る「HDDの運命」【第6回】

特定分野でSSDへの移行が進んでいるものの、HDDがすぐになくなることはない。生き残るための条件も含め、ストレージ業界の専門家がHDDの運命を占う。

[Adam Armstrong,TechTarget]

 消滅説が伝えられて久しいHDD。だが、HDDは2022年現在も企業のストレージを支えている。なくなるのは時間の問題なのか。生き残るための条件とは何か。1つのメモリセルに4bitの情報を保存する「QLC」(クアッドレベルセル)のSSDによる脅威を取り上げた第5回「『SSDよりも安い』というHDDの強みは『QLC』でなくなる?」に続き、第6回となる本稿は「HDDはなくなるのか」の答えを探る。

HDD業界は右肩下がりじゃない?

企業向けHDD事業は大幅成長

ストレージベンダーWestern Digitalのバイスプレジデント(HDD事業部門担当)兼ゼネラルマネジャー、アシュレイ・ゴラクポワラ氏 HDDが企業の市場から消え去ることは決してない。データの爆発的な増加によって、データセンターには複数の層を備えたストレージを構築することが必要になっている。その最も重要な層はHDDになる。

 HDDは今後どうなるのかを考えるとき、2つの見解がある。消費者市場においては、HDD業界は衰退するか消滅するかだ。一方で、企業向けの市場ではストレージの容量に対するニーズが活発だということが分かる。顧客の声を基にすると、HDD事業は今後5年間で毎年35%の成長を見込んでいる。

HDDが企業向け市場から消えることはない

コンサルティング会社Dragon Slayer Consultingのプレジデント、マーク・ステイマー氏 HDDはSSDと比べまだ安価だ。特にクラウドベンダーや大規模システムを運用する企業は低コストを重視している。SSDの中では最も容量単価が安価なQLC(クアッドレベルセル)のSSDでさえ、1GBや1TB当たりのコストはHDDと比べたら、5〜10倍ほど高くなる。重複排除や圧縮を使えばよいという意見もあるが、それが有効なのはHDDでも同じだ。

 企業はHDDの関連技術を熟知している。複数のHDDを組み合わせて1台のHDDのようにして運用する「RAID」(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)によって、データ損失のリスクを減らせることを企業は知っている。HDDが近いうちに消え去るとは考えにくい。SSDと比べてコスト面の優位性を維持できる限り、HDDは生き残ると捉えている。

SSDの容量単価がHDDと同程度にはならない

調査会社IDCのリサーチディレクター(HDDおよびストレージテクノロジー部門)、エドワード・バーンズ氏 SSDの開発や販売をビジネスとする企業は「近いうちにSSDとHDDが同価格帯になり、HDDは姿を消す」ということをほのめかしている。しかし、こうした論調は10年以上前からある。では、HDDはなくなったかといえば、そうではない。ただし、PCや家庭用電化製品といった特定分野ではSSDへの移行が進んでおり、それは今後も続くとみている。

 HDD市場の売上高は今後も増加する見通しだ。当面、SSDの1GB当たりの価格がHDDと同等近くまで下がることはないと捉えている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...