DOaaSとは? 「DevOpsは難しい」を過去にする秘策DevOpsをやさしくする「DOaaS」という選択肢【後編】

自社でDevOpsに必要なシステムや人材をまかなうことが難しい企業は、DevOpsのITリソース運用を外部に委託する「DOaaS」の利用が選択肢になる。DOaaSによって得られるメリットを解説する。

2022年06月22日 05時00分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 DevOps(開発と運用の融合)の導入に際して、企業はサーバなどのITリソースを自社で用意するか、ベンダーが用意、運用するITリソースでDevOpsを実施する「DOaaS」(DevOps as a Service)を利用するかを選択しなければならない。DOaaSにはどのようなメリットがあるのか。

なぜDOaaSなのか

 DevOpsは

  • 開発プロセスのモニタリング
  • ログの記録
  • ソースコードとドキュメントの変更履歴の追跡

が可能なことが前提条件だ。場合によっては

  • アプリケーションのスケーリング(規模の拡大や縮小)
  • さまざまなタスクの自動化

が必要になる可能性がある。

 こうした前提条件を自社で満たすことが難しい企業にとって、DOaaSは選択肢になり得る。DOaaSは、ベンダーがユーザー企業のニーズに応じて以下を実施する。

  • DevOps推進に必要なシステムの評価、見積もり、設定
  • モバイルデバイスで利用可能なDevOpsツールの提供
  • IaC(Infrastructure as Code)の提供
  • 年中無休のシステム監視

 DOaaSを利用する場合、ユーザー企業のIT管理者は専門家から指導や支援を受けることができる。専門家は知識やベストプラクティスに加え、タスク自動化に役立つドキュメントを提供する。これは企業がDevOps体制を迅速に整えるのに役立つ。


 社内でDevOps体制を確立するにしても、DOaaSを導入するにしても、前提条件は同じだ。DevOpsの主要原則を理解した上で、アプリケーションの構築や連携、開発ツールにも精通する必要がある。DOaaSを導入する場合でも、DevOpsの基盤を配備しないまま運用環境を構築することはできない。

 企業のアジャイル型開発(小規模な変更を短期間で繰り返す開発)を実施する能力や、IT製品/サービスの活用における協調的な文化は、DevOpsの重要な構成だ。DOaaSベンダーは、DevOpsチームのトレーニング時間を短縮し、企業が迅速にDevOpsからメリットを得られるよう支援をする。DevOps体制を築くことができたら、次のステップとしてCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)に対する理解を深め、DOaaSを使用する文化を育て、手戻りを減らし、生産性を向上させるのは、ITリーダーの役割だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...