2020年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

ワイン醸造業者が出した答え【後編】ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

[Johnny Yu,TechTarget]

 米国のワイナリー(ワイン醸造所)Palmaz Vineyardsは、「TensorFlow」などのオープンソースの機械学習ライブラリを利用して、ワインの発酵プロセスを監視するシステム「FILCS」(Fermentation Intelligence Logic Control System)を独自に開発した。同ワイナリーは当初、PROMISE Technology製のストレージシステムを使って、オンプレミスでFILCSのインフラを構築していた。FILCSが生み出すデータ量が膨大だったため、拡張性のあるパブリッククラウドへの移行を進めたが、高額なコストとネットワークの遅延が問題になった。そこでインフラをクラウドからオンプレミスに戻すことにした。

 Palmaz VineyardsのCEO(最高経営責任者)を務めるクリスティアン・ガストン・パルマス氏は、オンプレミスにインフラを戻すに当たって、ある問題に直面した。オンプレミスに導入していたPROMISE Technologiesのストレージシステムが、データのバックアップを効率的に取得する機能を搭載していなかったことだ。「ストレージシステムを導入する際は、この点が重要だとは思わなかった」(パルマス氏)。

 PROMISE Technologiesのストレージシステムは、ディスクの冗長性を確保するRAID(Redundant Array of Independent Disk)を構成するための機能は備えていた。だがバックアップ取得に活用できるデータのレプリケーション(複製)機能は搭載していなかった。パルマス氏は再びストレージシステムを調査し、NetApp、QNAP Systems、Synologyの製品を検討した後、NAS(ネットワーク接続ストレージ)としてSynologyの高負荷環境向けオールフラッシュストレージシステム「FlashStation」(FS)シリーズを2台と、中規模環境向けラックマウント型ストレージシステム「RackStation」(RS)シリーズを3台購入した。

 Palmaz Vineyardsは自らの主要データセンターにFSシリーズ、データのアーカイブ用の拠点にRSシリーズを導入した。両拠点の接続にはダークファイバー(通信事業者が敷設した光ファイバーのうち、未使用のもの)を使用した。FSシリーズに格納するデータのバックアップにSynologyのバックアップソフトウェアを導入し、RSシリーズのバックアップにはVeeam Softwareのバックアップソフトウェアを導入した。

IOPS性能だけじゃない、ストレージシステム選定の決め手は

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...