2015年11月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ワクワクさん! 出番です! “重要なHDDを発送する日”は突然訪れる、データを守る梱包方法とは

オンラインストレージとネットワークが発達しても、データをHDDに保存して物理的に輸送する必要性は依然として残っている。しかし、物流経路において“天敵”は多い。HDDを守る“自分でできる”梱包方法はあるのか。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
photo どうしたら宅配でHDDを安全に発送できるかな?

 HDDベンダーのある幹部が、セントルイスの空港でグランドクルーがベルトコンベアの向こう側へ預け手荷物を放り投げている瞬間を乗っている飛行機の窓から目撃した。なんということか、放り投げている箱が発砲ポリスチレンケースに詰めたHDDだということに気がついた。常識では考えられない重大な品質上の問題が発生する瞬間を、彼は幸運、いや、不運にも自分で確認してしまったのだ。

 HDDの配送は、衝撃が致命的な不具合を起こしてしまうがゆえに扱いが難しい。HDDが壊れやすい理由は次の2点にある。第1に、HDDの中の多くの部品の配置においてわずかなずれも許されないことだ。記憶媒体である円盤形状をしたプラッタまたは回転軸となるスピンドルの位置が1000分の1インチずれただけで、HDDは動かなくなって“ただの重し”になってしまう。第2に、記録用のヘッドが壊れやすいことだ。衝撃と振動はプラッタと記録用ヘッドの接触を起こし、その結果、記録用ヘッドの損傷やプラッタ上磁性体剥離の原因となる。ひどい場合には、コンポーネントのフェライト材がひび割れを起こす可能性もある。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...