TechTargetジャパン

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック
 従来の機械音でなく、人の声を合成して、より人間らしく自然な音声データを作成できる「音声合成ソフト」。音声ファイルの高品質化はもちろん、利用拡大とともに用途や目的別の製品も充実してきた。 外国人向けへの音声ガイダンスを作成したいなら、30カ国語以上の言語...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

製品資料
「コンテナ」技術で実現する、モバイル業務利用の生産性と保護を両立する方法
 モバイルデバイスを業務利用する上では、セキュリティ強化を意識する必要がある。しかし、セキュリティを重視するあまり、モバイルの持つ利便性を生かし切れなければ本末転倒だ。このように、モバイルデバイス管理では常にセキュリティと利便性のバランスを取ることが求...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」
 IoTに代表されるビッグデータ活用、ビジネスインテリジェンスによるデータ分析などのビジネスニーズから、ストレージには多種多様なデータを高速処理できる性能が求められている。そこで、次世代ストレージとして注目されているのが「オールフラッシュストレージ」だ。(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ITインフラはこう見直せ、事例に学ぶ「千葉労災病院が17システムを1つに統合した理由」
 3カ月のスピード構築、従来の半分以下のスペース、17を超えるアプリケーションを1つの基盤上に集約。そのような大胆な改革を、千葉労災病院は実現した。 千葉県の基幹病院として重要な役割を担う千葉労災病院は、2010年3月には電子カルテシステムを本格的に導入し、そ...(2015/7/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

事例
ICT教育の先進校がアクティブラーニング環境に選んだPCは?
 実践的ITスキルの獲得を目指した先進的な情報教育を行っている神戸学院大学附属高等学校。同校では、PC操作を中心とする「情報」の授業だけでなく、学内での時間管理や学習目標の設定など、学校生活全般にわたってICTを活用している。 同校のもう1つの特色が、IT教育の...(2016/9/1 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

事例
高度な3D CADからVRまで――鹿島建設の業務を支えるモバイルワークステーション
 建築物の3D CADデータにさまざまな管理系情報をひもづけたBIM(Building Information Modeling)は、建設コストの低減や施工の迅速化に欠かせない情報だ。大手総合建設会社の鹿島建設は、このBIMデータを社内外で共有できる専用プラットフォームを構築し、計画段階から...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
物理・仮想環境を一元管理、データ保護のコスト最適化を実現するバックアップ製品
 システムやデータを保護し、ビジネスを守るために不可欠なバックアップ。その重要性はシステムが物理サーバから仮想サーバ、クラウドへと移り変わる中でも変わらない。むしろ新たなシステム形態や、それに伴う高度なニーズに対応したバックアップツールが求められるよう...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
SSDを超える高可用性オールフラッシュストレージ、能力を最大化する仕組みとは
 SSDはHDD互換を前提として設計されているため、既存のHDDを外して、そのままSSDを接続できるなど導入がしやすい。しかし、この互換性を維持するためのデザインがフラッシュチップが持つ本来の能力に限界を作り出している。 SSDでは複数のチップを装備していても、同時...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
中小企業のランサムウェア対策、未知の脅威に対抗できる統合対策ソフトは?
 あらゆる規模の企業に身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害が及ぶなか、従業員の安全なインターネット利用環境の確保が求められている。その基本となるのが、エンドポイントにおける重層的な保護を行う統合対策ソフトウェアだ。 ウイルス/マルウェア対策...(2016/8/31 提供:株式会社DEGICA)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラ超入門――6つのメリットと3つの用途
 ハイパーコンバージドインフラは、今後、多くの企業が導入すると考えられているIT基盤の1つだ。しかし、サーバやストレージを統合したIT基盤であることは分かっていても、その具体的な仕組みや導入のメリットについては意外と知らないことが多い。 まず押さえておきた...(2016/8/23 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
世界のアニメーションの最前線を支えるレンダリングサーバとは?
 今やアニメーションには欠かせない存在となった3DCG。その技術の進歩は早く、映像制作に関わる計算量やデータ量は増加する一方だ。その中でもコンピュータ処理で画像を生成するレンダリング工程では、光や影、物体表面の質感などを美しく表現するために、特に強力な演算...(2016/3/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ROIは約15倍、100円の投資で1470円を稼ぐEC企業は何をしているのか?
 インターネットがもたらした消費者のライフスタイルの多様化が、あらゆる業種でEC(電子商取引)の普及を後押ししている。このビジネスチャンスを生かすことで、あるEC企業では「100円の投資で1470円を稼ぐ」という投資効率を実現している。投資対効果(ROI)にして約15...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
サーバ100台のセットアップ、今週中に1人でできる?
 クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータといったIT技術の変化に対し、情報システム部門は、より多くのアプリケーションやサービスを迅速かつ効率的に提供しなければならない。その上で、限られた人員でサーバの構築や運用を行うにはどうすればよいだろうか。 例...(2015/9/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
富士重工業社、ECUテスト時間を1/20に短縮。−ほか、自動車業界テスト・計測・組込制御事例
自動車業界では、多くの企業が、増加する複雑なエレクトロニクス、さらなる安全性への要求、そして、市場投入までの時間短縮といった課題に取り組んでいる。国内外の自動車OEMやメーカーが、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト、車載データロギングなど、さまざまなアプリ...(2015/9/4 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
“止められないシステム”を抱える総合病院のシステム再構築、導入検討の実態とは
■Lenovoがお勧めするWindows 8. 内科、外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科など複数の診療科を持ち、救急対応も提供する総合病院のIT環境は、24時間365日ストップさせることが許されない。さらに重要な個人情報を扱うため、セキュリティ要件も厳しいもの...(2015/6/26 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
外勤営業の真の効率化とは? 高まるタブレット導入ニーズとセキュリティ対策の両立する“秘策”を伝授
■Lenovoがお勧めするWindows 8. 営業担当者が外出時に携行する情報端末のセキュリティ確保は、喫緊の課題である。近年、仮想デスクトップ技術の活用によって、紛失や盗難という事態が発生しても大きな打撃を受けないといった方策が注目されている。 しかしながら、セキ...(2015/6/26 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
デスクトップ型産業用コンピュータ「FA3100SS model 1000」が製造現場や社会インフラに適する3つの理由
このホワイトペーパーでは、社会インフラシステムや産業システム分野で実績のある東芝の産業用コンピュータについて解説しています。近年では、各種監視制御システムをはじめとした社会インフラ分野でも、PCやPCサーバ及びWindowsに代表されるOSをベースとした各種システ...(2015/6/17 提供:株式会社東芝)

事例
仮想化率91%、工場のスマート化を実現した富士電機三重工場の取り組み
 国内トップクラスのシェアを誇る自動販売機、オープンショーケースや可搬型保冷庫など食品流通事業を担う富士電機の三重工場。ここは同社の中核的な生産拠点であり、また最新鋭の生産ラインを擁する工場として、かねてよりシステムの仮想化対応を進めてきた。その結果...(2015/6/9 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading