2006年05月23日 10時22分 公開
特集/連載

Column「VoIPへの移行はIT部門に一任」は失敗のもと

VoIPへの移行に際しては、ビジネス部門担当者もインフラを選択する前の段階からプロセスに参加する必要がある。IPインフラが、必要とされているすべての最新機能をサポートするとは限らないからだ。

[TechTarget]

 今日、多くの企業は各種のIP通信規格をベースとした電話/音声インフラで従来のインフラを置き換えつつある。通常、その最大の大儀は、「音声/データネットワークの統合によりコストを削減できる」という点となる。

 VoIPへの移行がITコストの削減というメリットで正当化されることから、VoIPインフラの選択はIT部門に一任する傾向がある。だが、それではVoIPアーキテクチャによってもたらされる長期的メリットを制限することになりかねない。プロジェクトには、ビジネスプロセスの担当部門とIT部門の両方が参加する部門間チームがかかわることが推奨される。

 VoIPのメリットを実現するためには、インフラを選択する前の段階で、コンタクトセンターのマネジャーが移行プロセスに加わることが絶対に必要だ。提案されたIPインフラが、必要とされているすべての最新機能をサポートするとは限らないからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...