2007年01月05日 07時00分 公開
特集/連載

融通の利かない態度がイノベーションを妨げるColumn

規則を守るのは大事なことだ。だが、われわれが規則を使うのは、サービスレベルを向上させるためであって、仕事を妨げるためではない。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 以下は本当にあった話だ。

 前の会社に勤めていた時、社員のユーザー名はファーストネームの最初の1文字、ミドルネームの最初の1文字、苗字の最初の4文字を取って付ける規則になっていた。例えばわたし(Niel R. Nickolaisen)のユーザーネームは「nrnick@xxxxxx」だった。

 その会社がブラッド・K・バターズ(Brad K. Buttars)という名の新しいマーケティングディレクターを採用した。ブラッドは、自分のユーザーネームを例外扱いにしてもらえないかと頼んできた。名刺を発注する際、「bkbutt」というユーザーネームは理想的とは言い難い(訳注:スラングでやや品のない言葉になる)と気づいたのだ。ブラッドはわたしに言った。「名刺の注文用紙に書いてみるまでは、自分のユーザーネームがどんな風に見えるか気づかなかった。でも『bkbutt』にはなりたくない」。わたしは、分かった、この件は任せてくれと請け負った。

 わたしはディレクトリ管理者のライアンに電話し、事情を説明した。

わたし ライアン、ブラッド・バターズのユーザーネームを『bradb』に変えてもらえないか。

ライアン それはできません。

わたし どうして。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...