2007年01月05日 07時00分 公開
特集/連載

融通の利かない態度がイノベーションを妨げるColumn

規則を守るのは大事なことだ。だが、われわれが規則を使うのは、サービスレベルを向上させるためであって、仕事を妨げるためではない。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 以下は本当にあった話だ。

 前の会社に勤めていた時、社員のユーザー名はファーストネームの最初の1文字、ミドルネームの最初の1文字、苗字の最初の4文字を取って付ける規則になっていた。例えばわたし(Niel R. Nickolaisen)のユーザーネームは「nrnick@xxxxxx」だった。

 その会社がブラッド・K・バターズ(Brad K. Buttars)という名の新しいマーケティングディレクターを採用した。ブラッドは、自分のユーザーネームを例外扱いにしてもらえないかと頼んできた。名刺を発注する際、「bkbutt」というユーザーネームは理想的とは言い難い(訳注:スラングでやや品のない言葉になる)と気づいたのだ。ブラッドはわたしに言った。「名刺の注文用紙に書いてみるまでは、自分のユーザーネームがどんな風に見えるか気づかなかった。でも『bkbutt』にはなりたくない」。わたしは、分かった、この件は任せてくれと請け負った。

 わたしはディレクトリ管理者のライアンに電話し、事情を説明した。

わたし ライアン、ブラッド・バターズのユーザーネームを『bradb』に変えてもらえないか。

ライアン それはできません。

わたし どうして。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...