2007年05月14日 21時02分 公開
ニュース

住友電工、アクセスログ管理機能を強化した「楽々WorkflowII」を販売開始NEWS

住友電工情報システムは、アクセスログ管理機能を強化したワークフローシステムの新バージョン「楽々WorkflowII Ver.3.2」の発売を、6月1日より開始する。

[TechTarget]

 住友電工情報システムは5月14日、ワークフローシステムの新バージョン「楽々WorkflowII Ver.3.2」を開発し、6月1日より販売を開始すると発表した。本製品は、本格的なワークフローシステムの短期構築・簡単運用を可能にするもので、申請業務のワークフローであれば、ノンプログラミングでシステムの構築が行える。また、同社のJava開発環境「楽々FrameworkII」と併用することで、基幹業務のワークフローシステムの構築にも対応する。

 新バージョンでは内部統制を考慮し、文書の変更やワークフローの登録履歴、変更履歴が取得可能で、正当性の把握が行える。また、いつ・誰が・何をしたといった詳細なログデータの蓄積と抽出、プロセスログの分析も可能となっている。対応データベースソフトは、従来のDB2、Oracleに加え、今回、SQL Serverが追加された。価格は、1CPU当たりのパッケージライセンス価格としてLinux版、Windows版が250万円、UNIX版が350万円となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...