住友電工、アクセスログ管理機能を強化した「楽々WorkflowII」を販売開始NEWS

住友電工情報システムは、アクセスログ管理機能を強化したワークフローシステムの新バージョン「楽々WorkflowII Ver.3.2」の発売を、6月1日より開始する。

2007年05月14日 21時02分 公開
[TechTarget]

 住友電工情報システムは5月14日、ワークフローシステムの新バージョン「楽々WorkflowII Ver.3.2」を開発し、6月1日より販売を開始すると発表した。本製品は、本格的なワークフローシステムの短期構築・簡単運用を可能にするもので、申請業務のワークフローであれば、ノンプログラミングでシステムの構築が行える。また、同社のJava開発環境「楽々FrameworkII」と併用することで、基幹業務のワークフローシステムの構築にも対応する。

 新バージョンでは内部統制を考慮し、文書の変更やワークフローの登録履歴、変更履歴が取得可能で、正当性の把握が行える。また、いつ・誰が・何をしたといった詳細なログデータの蓄積と抽出、プロセスログの分析も可能となっている。対応データベースソフトは、従来のDB2、Oracleに加え、今回、SQL Serverが追加された。価格は、1CPU当たりのパッケージライセンス価格としてLinux版、Windows版が250万円、UNIX版が350万円となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...