サイバーソリューションズ、メールコンプライアンス3製品パックを発表NEWS

サイバーソリューションズが、内部統制時代に適合する統合型メールサーバ、アンチスパム、メール監査システムをセットにして提供を開始した。

2007年05月17日 16時34分 公開
[TechTarget]

 サイバーソリューションズは5月16日、同社が開発、販売している「CyberSecureシリーズ」の統合型メールサーバ「CyberMail」と、メール監査システム「MailBase」、アンチスパムソフト「MailGates」の3製品をセットにした「CyberSecureコンプライアンスソリューションパック」を同日より特別価格で提供開始したと発表した。本製品は、内部統制強化の動きに対応した、よりセキュアで堅牢なメール環境をユーザーに提供するもの。パック価格は680万円(1000アカウント)(※1)から(通常標準価格は785万円から)。

 本ソリューションパックを導入することで、まず「MailGates」により大量に届くスパムメールがフィルタリングされ、次にメールサーバ「CyberMail」でメールの送受信処理が行われると同時に、全メールデータがレプリケーション、メール監査システム「MailBase」側に転送、アーカイブされる。アーカイブされた全送受信メールは、添付ファイルも含め全文検索が可能なため、メール監査として利用でき、情報漏えい対策に効果を発揮するという。また「CyberMail」はWebメール機能も搭載するため、メールデータをサーバ側で一元管理でき、クライアントPCの紛失・盗難の際にもデータの流出・喪失の可能性が低くなるとしている。

(※1)別途年間保守費用が必要(必須)

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...