クラスキャット、インターネットサーバ管理ツールのダイレクト販売を開始NEWS

クラスキャットが、「Red Hat Enterprise Linux 5」に対応したインターネットサーバ管理ツールの新製品「Class-Cat Cute Server Manager Enterprise Edition v5」のダイレクト販売を開始した。

2007年05月22日 20時17分 公開
[TechTarget]

 クラスキャットは5月22日、「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)」に対応したインターネットサーバ管理ツールの新製品「Class-Cat Cute Server Manager Enterprise Edition v5」のダイレクト販売を開始したと発表した。本製品は、オープンソースとして公開されたSun Cobalt RaQ550のGUIをRed Hat Enterprise Linuxにポーティングした商用利用のインターネットサーバ管理ツール。RHEL5で提供されるPHP5に対応したことで、パフォーマンスの向上とセキュリティの強化を実現しているという。また、仮想化ソリューション「Xen 3.0」による仮想マシン(ゲストOS)環境にも対応した。

 また本製品では、仮想マシン環境での利用に適した新たなライセンス形態「クラスキャット仮想化ライセンス」を採用。このライセンスは、物理サーバ上のホストOS用として本製品を購入した場合、追加利用ライセンス費用で最大4ゲストのRHEL5上で利用することが可能になるという。これにより、仮想マシン環境で構築された複数のインターネットサーバを低コストで導入できるとしている。

 なお、クラスキャットは本製品の販売を記念して、同日より2007年6月29日までの期間、定価の20%OFFでのキャンペーンを実施する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...