アイシロン「Isilon.IQ」が、映像制作ワークフローの共有ストレージに採用NEWS

映像製作会社のクラスタストレージ導入事例

2007年06月11日 19時27分 公開
[TechTarget]

 アイシロン・システムズは6月11日、映像制作大手のダイナモピクチャーズが映像制作ワークフローの共有ストレージとして「Isilon.IQ」クラスタストレージを導入したと発表した。もともと大容量のデータを扱うCG制作は、ハイビジョン映像の進展によってデータ容量の肥大化がさらに加速し、データ保存容量の不足が大きな問題になっている。ダイナモピクチャーズでも新しいストレージシステムの構築が必要になり、4ノードの「Ision.IQ 3000」からなるクラスタストレージを導入した。

 ダイナモピクチャーズは、新プロジェクトの立ち上げに際して3〜4製品の中からストレージを検討したところ、信頼性とパフォーマンスでIsilonが際立っていたとコメント。数十人が同時にアクセスして作業してもパフォーマンスが落ちないこと、信頼性レベルを自由に設定できることなどを導入メリットとして挙げている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...