2007年06月11日 19時29分 公開
ニュース

NEC、サービス稼働後も拡張可能なマルチレイヤ仮想化技術を開発NEWS

サービス基盤の拡張性・信頼性向上と運用管理容易化を目指す

[TechTarget]

 NECは6月11日、IT・ネットワークサービス基盤のソフトウェアやハードウェア構成を、サービス稼働後であっても任意に拡張可能にする「マルチレイヤ仮想化技術」を開発したと発表した。この技術は、仮想マシンによるソフトウェアレベルの仮想化と、I/O仮想化技術「ExpEther」によるハードウェアレベルの仮想化とを連携動作させることで実現したもの。NECでは今後、この技術の対象領域を拡大するとともに、運用管理や制御技術まで連携した動的再構成方式の研究開発を進め、NGN(Next Generation Network)サービスを提供する次世代サービスプラットフォームへの適用を図っていく。

 同社はマルチレイヤ仮想化技術を活用することで得られる利点として、サービス実行中にサーバの処理能力を超えるサービスの伸びや障害が発生した場合でも、サービスを止めることなくサーバ(CPU/OS)を変更できることを挙げている。これにより事前に移行元と移行先のハードウェア構成をそろえるといった手間なく、システムの再構成を任意に行える。また、I/O移動時の一時的なI/Oアクセス制限とデータ待避・復旧を、仮想マシンのマイグレーションを含めたシステム再構築シーケンスに同期して制御するため、サービスを実行したまま動的再構成が可能になるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...