ネットジャパン、企業向けバックアップ/同期ツールの新版2製品を発売NEWS

Windows Vista対応、Blu-rayディスクをバックアップ先に指定

2007年06月22日 19時02分 公開
[TechTarget]

 ネットジャパンは6月22日、エンタープライズ市場向けのファイルバックアップ/同期ツールの新バージョン「NetJapan Backup Platinum 3.0 Server Edition」および「Client Edition」の2製品を同日より出荷開始したと発表した。本製品は、電子メール、ドキュメント、画像などといったデータファイルの保護にターゲットを絞ったファイルバックアップ/同期ツール。

 新バージョンではWindows Vistaに対応したほか、Blu-rayディスクをバックアップ先に指定して直接書き込むことが可能となった。また、Mozilla Firefox/Thunderbird、Internet Explorer 7やBecky! Internet Mail Ver.2など、最新のブラウザやメーラーの設定をバックアップするためのプラグインを搭載している。ファイルが変更された場合の自動バックアップが可能になり、代替のバックアップ先も併せて指定可能。このほか、コマンドラインインタフェースのサポートや、バックアップデータの検証機能なども追加されている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...