NECフィールディング、低コスト短期間で開設できるコールセンターサービスNEWS

コールセンター向けASPサービス「iReqCC」を提供開始

2007年07月04日 20時52分 公開
[TechTarget]

 NECフィールディングは7月4日、低コストで短期間にコールセンターを開設できるASPサービス「iReqCC」を商品化し、同日より販売活動を開始したと発表した。本サービスは、着信した電話を自動的に最適な担当者に分配するなどの、コールセンターに必要なCTI機能をIPネットワーク経由で提供するサービス。利用者はIPネットワークに接続したPCとヘッドセットといった最小限の設備を用意するだけで、本格的なコールセンターを低コストで短期間に開設できるという。また、音声応答サービスや通話録音サービスをオプションサービスとして提供しているので、導入企業は必要なサービスを選択して自社に最適なコールセンターの構築が可能になるとしている。

 本サービスは、コールセンター向けASPシステム構築用ソフトウェアとして世界20カ国で4万席以上の実績を持つ、米コスモコム社のフルIPマルチテナントプラットフォーム「CosmoCall Universe」を利用して、システムを構築。PBXなどのCTI設備やサーバといった装置を用意することなく、必要な期間や席数を指定して利用できる料金体系を採用しているため、導入企業は無駄な設備投資をせずにコールセンターを設置できることが大きな特徴となっている。NECフィールディングは、コールセンターに必要な機能をASPサービスとして提供することで、コールセンター構築の大きな課題であった、多額のコストと長期の導入期間を一挙に解決するとしている。提供価格は、初期費用が10万5000円(税別)から、月額基本利用料が3万5000円(税別)からとなっている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...