2007年07月06日 20時46分 公開
ニュース

アクセラテクノロジ、大規模エンタープライズサーチの高速化技術を開発NEWS

「Accela BizSearch インデクシング高速化オプションNTFS用」として製品化

[TechTarget]

 アクセラテクノロジは7月6日、大規模エンタープライズサーチのインデックス更新を高速化する「イベント型インデクシング技術」を開発し、「Accela BizSearch インデクシング高速化オプションNTFS用(以下、高速化オプション)」として同日発表した。高速化オプションは、エンタープライズサーチ「Accela BizSearch」の新機能として開発されたもの。本オプションを利用することで、検索対象容量に依存しないクローリングを実現できるという。従来手法に比べ、1000倍以上高速化するケースも計測されており、数十Tバイト級のデータの検索も実用的になるとしている。

 新たに開発された「イベント型インデクシング技術」は、ネットワーク上に流れる情報をパケット単位で監視し、ファイル更新にかかわる処理をイベントとして抽出、インデックスを更新するという新手法を採用。これにより、クローリングに必要な時間は、日々の業務によるデータ更新数(イベント数)のみ影響を受け、ストレージの総容量には影響を受けないため、高速インデックス更新が可能になるという。提供価格は、検索サーバと本オプションで800万円から。なお、Accela BizSearchの既存ユーザーは本オプションのみの購入が可能。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...