2007年07月10日 19時42分 公開
ニュース

Excelのインタフェースで社内情報資産の共有・管理を実現NEWS

テプコシステムズ、日本HP、マイクロソフトがオールインワンソリューションを発売

[TechTarget]

 テプコシステムズ、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)、マイクロソフトの3社は7月10日、社内情報資産の有効活用を実現するソリューション提供での協業を発表した。協業の第1弾として、3社製品のオールインワンソリューション「ラピッドスターターパック」を同日より発売開始した。本製品は、テプコシステムズの情報連携ツール「ePower/exDirector」を、日本HPのx86サーバ「HP ProLiantサーバ」およびマイクロソフトのソフトウェア群でパッケージ化したソリューション。

 ePower/exDirectorは、Excelをインタフェースにしたミドルウェアであり、複数のタスク単位のExcelファイルのデータを、Microsoft Project形式の管理表に自動投入できるなど、Microsoft Office製品への自動連携機能を提供。また、ハードウェアとしてパッケージ化されるHP ProLiantサーバは、マイクロソフトのソフトウェアテスト環境に使われているサーバであるため、導入後の迅速な業務開始が可能だという。

 本パッケージの採用により、企業は社内業務の自動化や社内情報資産の共有(プロジェクトやドキュメントなど)が早期に実現するとともに、内部統制などコンプライアンスへの対応も可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...