ISID、Seasar2ベースの金融業務アプリケーション開発基盤を構築NEWS

Seasar2のバージョンアップやコンポーネントを利用する案件などに対応するため、組織内OSS環境も合わせて構築

2007年08月03日 21時45分 公開
[TechTarget]

 電通国際情報サービス(ISID)は8月3日、Seasar2をベースとして、金融業務アプリケーションの開発をサポートする開発基盤を構築したと発表した。Seasar2は、特定非営利活動法人SeasarファウンデーションがOSS(オープンソース・ソフトウェア)として開発・管理を行うJavaアプリケーションの開発用フレームワーク。DI(Dependency Injection:依存性の注入)やAOP(Aspect Oriented Programming:アスペクト指向プログラミング)などの技術を実装していることで注目されている。Seasar2はフリーの開発フレームワークであるとともに、プラットフォームや開発技術の進歩に合わせてフレームワーク自体も成長を続けるという利点があるという。

 ISIDは、Seasar2に同社の金融業務アプリケーションの開発ノウハウを融合し、金融業務アプリケーション向けの開発基盤として構築した。また、技術動向の変化に応じたSeasar2のバージョンアップやコンポーネントを利用する案件などに柔軟に対応するために、初期に開発したコンポーネントの継続的な追加開発・管理が可能な組織内OSS環境も合わせて構築した。現在、組織内OSSのリポジトリには「金融関数コンポーネント」「業務マスタ管理機能コンポーネント」「システム共通要件基盤コンポーネント」などが登録、管理されている。ISIDでは、今後もコンポーネント・開発プロセスを継続的に発展させることで、金融業務システムの充実・高度化・スリム化を推進していくとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...