2007年06月11日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソース製品の管理に悩むCIO――ツール不足がネックColumn

オープンソース導入の主な目的はコスト削減だというのに、その管理のために費用を掛けるのは不本意だと考えるCIOは多い。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ダウンロードするソフトウェアを管理していない企業にとって、オープンソースは危険な代物だ。しかし、野放しの状態から脱却して管理を進め、ガバナンスの構築を目指そうとすると、支援ツールが少ないというまったく別の問題にぶつかることになる。

 企業内でさまざまなオープンソース製品を使うことには、リスク(法的リスクを含む)が伴う。だが、ベンダーもユーザーも、こうしたリスクを無視していることが多い。問題の1つは、ベンダーの側に、オープンソース技術を管理するための製品を開発する動機がほとんどないことだと、フォレスターリサーチのシニアアナリスト、マイケル・グールド氏は語る。

 「オープンソースは普及が進んでいるが、既存のソフトウェアに取って代わってはいない」とグールド氏。「利用シェアはごく小さいため、管理ツールの市場機会もあまりない。オープンソースはまだメジャーな存在とは言えない」

 とはいえ、管理製品がまったく提供されていないわけではない。451グループのリサーチディレクター、レイブン・ザカリー氏は、「一部の企業はオープンソース利用のサポートを提供したり、独自の品質検証に合格したオープンソース技術を集めたリポジトリを運営している。彼らは、オープンソース製品のポートフォリオを管理できる企業向けツールを開発、提供することにビジネスチャンスを見いだしている」と語る。

 同氏はその例として、オープンロジックとその製品「OpenLogic Enterprise」や、ソースラボとその新システム「Open Source Management System」(OSMS)を挙げる。これらのベンダーは、問題のあるオープンソース製品を特定するだけでなく、社内でどのオープンソース製品がどのように使われているかという追跡を支援する、基本的なガバナンス機能とワークフロー機能を提供している。

関連ホワイトペーパー

オープンソース | CIO | 知的財産


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...