2006年09月15日 07時00分 公開
特集/連載

コストに敏感なCIOを引き付けるオープンソースColumn

低予算で導入でき、小回りが利きそうなオープンソースが注目を集めている。導入のコツと潜在的リスクを見ていこう。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ハイエンド機能は欲しいけれども、その予算がないと悩む中堅・中小企業のCIOたちが、新興のオープンソースベンダーに目を向けている。そこにはリスクもあるが、専門家によると、よりリーズナブルな価格で最先端の技術を手に入れるチャンスもあるようだ。

 オンライン金融サービスアプリケーションのデベロッパーであるヨドリーでは、セキュリティ上の懸念のため、システム監視ソフトを社内で運用することにした。同社で運用と情報セキュリティを担当するティム・オブライエン上級副社長はその際、シンプルな低価格ソリューションを提供するベンダーを探したと話す。

 オブライエン氏は、エンタープライズクラスのプロプライエタリベンダーには目を向けず、グラウンドワークのシステム監視製品を選んだ。同社の製品は、「Nagios」と呼ばれるオープンソースのシステム監視プラットフォームをベースとするものだった。

 「それまで付き合っていた外部のプロバイダーはHP OpenViewを利用していたため、われわれはそれに慣れ、当社のシステムにもそのエージェントが組み込まれていた」とオブライエン氏は話す。

 「しかし当社の事業規模が拡大したことにより、当社のニーズを満たすためには、OpenViewにさらに多くの経費を注ぎ込まなければならないことが分かった。われわれは、OpenViewを使い続けるか、それともほかのソリューションを採用するかという選択を迫られた。わたしはHP OpenViewを導入した経験が2回あったし、ほかの主要ベンダーの製品にも精通していた」(同氏)

 オブライエン氏にとって、導入コストの差は非常に大きかった。同氏によると、ヨドリーにグラウンドワークの製品をカスタマイズして導入するのに掛かった費用は約15万ドルだった。「これを大手ベンダーの製品で構築していたとしたら、ライセンスだけで30万ドルにもなり、それに加えて、プロフェショナルサービスにさらに30万ドル支払う羽目になっていただろう」と同氏は話す。

 しかし、オブライエン氏がオープンソースソリューションを選んだ理由は、経費節約だけではない。プロプライエタリな製品よりもオープンソースソリューションの方が、短期間で立ち上げることができると考えたからだ。

 「大規模な製品は非常に複雑で、単純なことをやるのも容易ではない。オープンソースとNagiosベースのプラットフォームであれば、簡単なことは本当に簡単にできる。素早く立ち上げて監視を実行できただけでなく、必要に応じて複雑な機能を追加することもできた」と同氏は話す。

関連ホワイトペーパー

オープンソース | CIO | バグ | Web2.0


ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。