2006年01月05日 09時09分 公開
特集/連載

オープンソースベンダーとの上手な付き合い方Column

オープンソースソフトウェア(OSS)ベンダー企業はコストの安さを宣伝したがる。だが、彼らは大抵、ソフト自体のコストにしか言及しない。OSSベンダーとビジネス交渉を行うには、プロプライエタリなベンダーとの交渉の場合と同様に、十分な準備が必要だ。

[TechTarget]

 かつては無料で一切コストが掛からないなどと言われていたオープンソースだが、オープンソースソフトウェアベンダーといえども企業であり、当然利益を上げることを目的としている。従って、オープンソースベンダーとビジネス交渉を行う企業は、プロプライエタリなベンダーとの交渉の場合と同様に、十分に準備しなければならない。

 OSSベンダーは売り込みの際にソフトウェアの特徴や機能がいかに素晴らしいかを説明するが、そうした場でユーザーが聞くべきことは、そのベンダーがサポートプログラムとさらに重要なライセンスモデルに関して、プロプライエタリなベンダーやほかのオープンソースベンダーと、どのように差別化しているかなのだ……

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...