システムインテグレータ、Windows Vistaに対応した統合型開発支援ツールの新版NEWS

データベース管理機能をGUIで提供する統合型開発支援ツールの新バージョン「SI Object Browser Ver.10」、SQL作成の利便性を向上

2007年08月10日 20時35分 公開
[TechTarget]

 システムインテグレータは8月10日、Oracleデータベースの開発、管理、メンテナンスなどの各種機能を統合したオールインワンの開発支援ツールの新バージョン「SI Object Browser Ver.10」のリリースを発表した。新バージョンは、Oracleアプリケーションの開発生産性の向上をテーマに開発されており、新たにWindows Vistaに対応したほか、開発作業で使える多くの新機能が搭載された。価格は4万6500円(1ライセンス)。

 従来のオブジェクト作成およびストアドプログラムの「コンパイル・デバッグ機能」に加え、コード補完機能によるSQL入力のサポート、SQLのフォーマットを自動で整える「SQL整形機能」、複数SQLを同時実行する「マルチSQL」など、SQL作成における利便性を向上する新機能が搭載されている。また、インデックスを最適化することによりパフォーマンスを改善する「インデックスアドバイザ機能」、複数プログラムのコメントを一覧表示する「コメントチェック機能」などの開発面の機能、「パフォーマンス情報の自動保存機能」「デッドロックの履歴を表示する機能」など、管理面の機能も強化されている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...