2007年09月04日 19時33分 公開
ニュース

サイボウズがOSKと業務提携、eラーニング市場に本格参入へNEWS

OSKのeラーニングシステム「EasyLearning」をサイボウズのグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」と連携させて使えるように共同開発。中堅・中小企業への導入を狙う

[TechTarget]

 サイボウズとOSKは9月4日、eラーニングシステムの開発において業務提携すると発表した。OSKのeラーニングシステム「EasyLearning」をサイボウズのグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」と連携させて使えるようにインタフェースも含め共同開発を行う。

 EasyLearningはグループウェア上で動作し、コンプライアンスや情報セキュリティのeラーニングを使い慣れたグループウェアと同じ操作性で受講できるのが特徴。既に「Lotus Notes/Domino」と連携する「EasyLearning for Notes/Domino」が提供されている。

 両社は、中堅・中小企業でもeラーニングシステムを手軽に導入できることをコンセプトに共同開発に着手。インタフェースはサイボウズ ガルーン2をベースに直感的な操作ができるよう開発が進められているという。また、機能は必要不可欠なもののみに絞り込み、グループウェアの運用・活用方法に関する教育コンテンツもバンドルして提供予定。なお、販売開始は2007年秋を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...