2007年09月18日 20時12分 公開
ニュース

日本HP、ID管理ソフトウェア製品群を強化しパッケージ化して提供NEWS

ID管理ソフトウェア製品群を「HP Identity Center」と定義。拠点間にまたがるシステムのID管理を効率化する新製品「HP Select Federation 7.0」を発売

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは9月18日、ID管理ソフトウェア製品群を「HP Identity Center」と定義し、その強化を図ると発表した。拠点間にまたがるシステムの認証、ID管理を行う「HP Select Federation 7.0」を発売するほか、従来より提供しているID管理ソフトウェア「HP Select シリーズ」の3製品「HP Select Identity/Audit/Access」を組み合わせたパッケージ製品の提供を開始する。これらにより、IDとパスワードの発行や削除などの一般的なID管理に加え、内部統制のためのアクセス管理やログ収集などが容易になり、効率的なID管理が実現するとしている。

 「HP Select Federation 7.0」では、連携先で使用する認証連携プロトコルを気にせずさまざまな連携が行える「拡張Broker機能」やWindows CardSpaceやID-WSF 2.0などのID情報管理プロトコルへの対応強化、「Oracle Identity Federation」や「Windows Kerberos」などの他社認証システムとの連携範囲の拡張などが行われている。パッケージ製品としては、HP Select IdentityとHP Select Auditを組み合わせた「ユーザ・プロビジョニングキット」、HP Select AccessとHP Select Federationを組み合わせた「Webアクセス管理・認証連携キット」を提供する。

関連ホワイトペーパー

HP(ヒューレットパッカード) | ID管理


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...