2007年10月26日 18時32分 公開
ニュース

日立電子サービス、自社のサービス提供インフラを刷新、全国運用を開始NEWS

サービス案件情報の一元管理を実現する社内情報インフラ「Field Services Managementシステム」の開発を終了。構築は日立製作所、日本オラクルと共同で実施

[TechTarget]

 日立電子サービスは10月26日、2004年度より着手していた同社の「統合サポートサービス」提供のための社内情報インフラとなる「Field Services Managementシステム(FSM)」の開発を終了し、全国運用を開始したと発表した。FSM開発に当たり、パッケージとしては日本オラクルの「Oracle E-Business Suite CRM Field Serviceモジュール」を採用。開発業務は日立製作所の産業・流通システム事業部に委託している。複数のシステムで行ってきたフィールド作業支援インフラを統合することにより、既存システムのITコストを2004年度比15億円/年削減したという。

 具体的には、契約情報、納入情報、障害履歴、作業履歴などのサービス基本情報を統合データベースに整備し、サービス案件情報の一元管理を実現。運用サービスと保守サービスの一体受け付けにより、顧客対応のトータルサポートや関連ベンダー・パートナー企業との情報共有が容易になったとしている。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | 日立製作所 | CRM | システム構築


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。